職場に新しく入ってきた還暦過ぎのフリーターのおっさん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと前に職場で俺と同じ業種だった、一つ下の浪人生の男がやめたので、少しの間、俺一人でやっていた。

近々新しく人が入ってくる、ときいて喜んでいたのだが、入ってきたのはおどおどした還暦過ぎのおっさんだった。

話を聞いてみると、フリーターとのこと。

その人はしゃべる時も常にどもっているし、同じ事を3、4回教えてもまだ、一緒についてきて教えてくれというので俺は困っていた。

結局3日くらい一緒に働いた後、やめたのかやめさせられたのか、いなくなっていた。

30代後半の店長に教えられている時も、とても還暦過ぎとは思えない、子供のような怯えっぷりで驚いた。

フリーターが歳をとったらどうなるのか知らなかったが、ああいうケースもあるんだなと思った。

俺も他人事ではない。

フリーター漂流

今日はダメでも明日なら―フリーター生活から脱出したい君へ

50代、60代のひきこもりやニート
50代、60代、もしくはそれよりも高齢のひきこもりやニートって存在するんだろうか。 働いてたけどやめて無職とかではなく、一度も就労経験のな...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加