家庭菜園をはじめたんですがめんどくさくて飽きました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月の上旬に家庭菜園をはじめたんですが、めんどくさいし実りが少ないしで飽きてしまいました。

まともに働けないし、将来自給自足でもできないかと思い、その予行演習のつもりではじめてみたが、俺には向いてなかったようだ。

完全版 自給自足の自然菜園12カ月 野菜・米・卵のある暮らしのつくり方

毎日の管理がめんどくさい

ホムセンに行ってガーデンレタスとネギの栽培セットや、ブロッコリースプラウトを買って育ててみたりしたが、毎日の管理がめんどくさかった。

再生野菜という、ヘタなどを残して水につければまた伸びてきて食べられる、という類のものも試したが、育つのが遅かったり、腐ったりした。

ガーデンレタスとブロッコリースプラウトは成功

ガーデンレタスはなんとか発芽し、今もなんとか枯らさずに育てられている。

間引きというのをしないといけないらしいが、もったいないしよくわからないのでそのままにしている。

ネギはほとんど発芽しなかったので、あまったガーデンレタスの種をネギのプランターに適当に蒔いたりした。

ブロッコリースプラウトはスポンジ式と網式の両方を試したが、水替えができて根をしっかりと張れる網式のほうが成長が段違いで良かった。

収穫後のカットも難しく、無駄になった

10日後に無事収穫できたものの、根を残してカットするのがむずかしくだいぶ無駄になってしまった。

大量に収穫できたように見えたが、食べてみると2食分程度にしかならなくて残念だった。

サラダで食べたのですが、味自体は普通でした。

再生野菜

あとは再生野菜で、人参のヘタ、大根のヘタ、かいわれ大根の切ったあとの苗、青ネギ、豆苗を試した。

大根は芽の部分に水が掛かって腐り、かいわれ大根は一切再生しなかった。

人参はなんとか芽が出てきたが、成長がかなり遅い。

青ネギと豆苗は、わき芽の部分しか成長せず、切り目のところは枯れた。

豆苗は2回目以降はかなり収穫できる量がかなり減るようだ。

まとめ その1 とにかくめんどくさい

はつか大根も育てるのが簡単だときいたので、130円で種を買ってみたが、もはや育てるのがめんどくさい。

毎日せっせと管理し、何十日も待っても、収穫できる量がわずかだったりすると萎えてしまう。

俺みたいに損得勘定が強い人間にはあまり向いていないかもしれない。

育て方を調べ、土を作り、発芽を待ち、間引きし、という工程もあまり楽しいと思えない。

まとめ その2 放置しても育つ野菜ならやりたい

放置しても育つような簡単な野菜なら、片手間にやってみたいとは思うので、そういうのを選んで気が向いたら育てていこうかなとは思う。

家に余っているプランターや肥料や土などもできれば使っていきたい。

自給自足の予行演習のつもりだったが、明らかにスーパーで買ったほうが安くつくので、今のところは趣味として取り組むのがよさそうだ。

育てていた野菜の写真

ガーデンレタスミックス

160718035525_01.jpg
160718035525_02.jpg
160718035525_03.jpg
160718035525_04.jpg
160718035525_05.jpg
160718035525_06.jpg
160718035525_07.jpg

ブロッコリースプラウト

160718035712_01.jpg
160718035712_02.jpg
160718035712_03.jpg
160718035712_04.jpg
160718035712_05.jpg
160718035712_06.jpg
160718035712_07.jpg
160718035712_08.jpg
160718035712_09.jpg
160718035712_10.jpg
160718035712_11.jpg
160718035712_12.jpg

再生野菜

160718035939_01.jpg
160718035939_02.jpg
160718035939_03.jpg
160718035939_04.jpg
160718035939_05.jpg
160718035939_06.jpg

完全版 自給自足の自然菜園12カ月 野菜・米・卵のある暮らしのつくり方

はじめての野菜づくり―家庭菜園で楽しむ (主婦の友新実用BOOKS)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加