人と言い合いになったあとの「もっと言ってやればよかった」感

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアルでもネットでも、人と言い合いになることが、誰にでもあると思う。

特に配信をやっていると、稀にアンチコメのようなものが来て言い合いになる。

もちろんチャットやTwitterでも喧嘩が起こったりする。

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

後になって「もっと言ってやればよかった」と思う

そういう事が起こった際、どういった対応をするかはその時の気分によるのだが、大体どう対応しても、あとになって「もっと言ってやればよかった」と思う。

そして具体的にどのようなことを言ってやれば、相手をもっと傷つけられたか、相手をもっと不快な気分にさせ、怒らせられたかと考える。

逆上させすぎると復讐が怖い

でも、あまりにも相手の琴線に触れる暴言を吐いて逆上させすぎると復讐が怖いなとか、そんなことを色々考え始めると、なんてひどいことを考えてるんだ、と思い、そもそもそんな喧嘩が起こらなければこんな感情も沸いてこなくて済んだんだ、と思う。

さいごに 思考停止させる

憎しみは欲望と同じで、際限無いものだと思うので、いかに”思考停止”させるかがポイントですね。

そして何より、もう喧嘩や言い合いを起こしたくない。

穏やかに暮らしたいんです。

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

仕事・人間関係 「もう、限界! 」と思ったとき読む本

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加