上咽頭炎と後鼻漏 最近のまとめ 基本的な生活習慣の改善から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だいぶ寒くなってきて、そろそろ後鼻漏がひどくなってくるかな、と思いきや、今冬の後鼻漏は、なぜか今のところかなりましだ。

最近も少しずつ治療法を試していて、症状がましなのはそれのおかげかもしれないので、今年のまとめとして書いておきます。

山本漢方製薬 なた豆茶100% 6gX12H

サプリやお茶はあまり飲んでいない

最近は、金を節約したくて、山本漢方のなた豆粒も、”非常用”として置いてはあるものの毎日は飲まず、なた豆茶もあまり飲まず、炭酸水ばかり飲んでいる。

上咽頭炎と後鼻漏の根本的な原因は定かではない

散々書いたように、上咽頭炎と後鼻漏の根本的な原因というのは未だに定かではないので、アレルギー性だったと仮定しても、今冬はアレルギー物質があまり飛んでいないとかは迂闊に言えない。

生活習慣を見直す

まず、いろいろ治療法を試してみて思い始めたのは、やれ高い漢方だ、サプリだ、鼻うがいだ、Bスポットだ、ミスト吸引だと言う前に、基本的な習慣や生活を徹底的に見直さなければいけないということ。

これは俺が前に行った漢方薬局のおばさんが強く言っていた。

漢方なんて、まずそこを見直してからです、と言って、売ってさえくれないほど商売気のない人だった。

生活習慣、癖

たとえば、昼夜逆転生活、不規則な食生活、運動不足、猫背、ストレートネック、口呼吸、低位舌、など、ざっと挙げるだけでもこれだけある。

自分はこの中だと、口呼吸と猫背以外はけっこう当てはまってしまうことに気づいた。

治せそうなものから治す

どうしても、昼夜逆転生活や不規則な食生活や運動不足というのは治しづらく、手っ取り早く漢方などを試してみたくなるが、猫背、ストレートネック、口呼吸、低位舌、などは治そうと思えば治せるものなので、俺はまずそこらへんから治していった。

とにかく意識すること

詳しい治し方は調べたほうがいいと思いますが、ざっと書くと、猫背やストレートネックは、とにかく意識すること、ちゃんとした椅子に正しく座ること。

低位舌も、とにかく意識するしかないと思う。

猫背やストレートネックは慢性的な場合、単に意識するだけでは根本的治療にならない可能性もあると思うので注意。

口呼吸防止のため、寝るときは口にテープを貼る

俺はもともと日中は口呼吸ではないが、睡眠時にたまに口呼吸になることがあるので、寝るときは口にテープを貼るなどして対策しています。

口にテープを貼る際は、口呼吸防止専用のものは高いので、ニチバンの幅が狭いテーピングテープをおすすめします。

アレルギー性鼻炎と毛布

自分は冬場、寝るときに鼻が詰まってしまって、口にテープを貼ると呼吸できなくて危なかったんですが、その原因がどうやら毛布にあることがわかり、最近は毛布は使わず、ごつい布団一枚と、あとはスキーウェアを上下に着て、さらに上にダウンを着てます。

毛布にアレルギー物質があるらしく、鼻が詰まるという感じだった。

アレルギー性鼻炎とエアコン

たまにエアコンをつけてもそうなることがあるので、そういう場合はファンヒーターを使ったりしている。

悪い生活習慣は早めに治す

とりあえずそれらを徹底しただけで、後鼻漏の症状がましになってきたように感じます。

上記の悪い生活習慣を続ければ後鼻漏以外の問題も出てくると思うので、できる限り早く治した方がいいとは思う。

さいごに 完治には遠いが、やらないよりはまし

自分も相変わらず完治には遠いものの、サプリを飲まなくても不快感がなくなってきたのは大きい。

冬場が特に後鼻漏の症状がひどいのは多くの人に共通しているようなので、これを機に、生活習慣を見直してみるのもいいかもしれません。

山本漢方製薬 なた豆茶100% 6gX12H

白刀豆粒100% 280錠

ニチバン バトルウィンカラーテーピング 非伸縮タイプ 12mm幅 12m巻き 2巻入り

上咽頭炎・後鼻漏の治療法まとめ なた豆茶・サプリ、セルフBスポット治療、ミスト吸引、鼻うがい、漢方、運動など。
これまで、上咽頭炎と、それが原因の後鼻漏を治すため、病院に行ったり、自分なりに色々と治療法を探ってきました。 結論から言うと、治ってま...
上咽頭炎・後鼻漏 俺の経験と試してきた治療法
皆さん後鼻漏って知ってますか。 簡単に言うと、鼻水が鼻の穴から出ずに喉に流れて口が気持ち悪い病気です。 普通の人でも1日...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加