KORG USB MIDIキーボード microKEY-61 マイクロキー 61鍵を買いました。レビュー(評価)、感想、使用感など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かれこれ4年前、音楽制作を開始し、Midiでシンセなどを打ち込むのに便利かと思い、KORGのこのUSBキーボードを購入した。

他にも、自分の好きな曲を自由に弾けるようになったら面白いだろうなと思って練習もするつもりだったのだが、すぐにやめてしまった。

音楽制作や作曲もやめてしまったので、結局このキーボードは現在手元にはない。

スリムで便利だがパソコンに繋ぐのがめんどくさい

Usb の midi キーボードなので通常のキーボードと違ってかさばらなくて便利だが、なにぶんパソコンに繋ぐのがめんどくさい。

ライブなどで使われる通常のキーボードなら電源を入れればすぐに音が鳴るが、このキーボードはまずパソコンにつなぎ daw ソフトの reeper を起動してやっと音がなる。

元々鍵盤を弾くというモチベーションはそんなに無かったのでそういった手間もうっとうしく感じ始めた。

マイクロという名前の通り鍵盤は小さいが、そんなに手が大きくない俺にはむしろ弾きやすかった。

オクターブを下げるつまみも便利で、ベンドのつまみもテープで固定することで一音下げで弾き語りをする時に丁度良かった。

しかし、細かい事になるが、このキーボードの usb スロットは左側なので、パソコンを右においているとかなり長い usb ケーブルが必要になってそれは面倒だった。

鍵盤楽器はあまり向いていなかった

商品自体はかなり良いものだと思うが、やる気がないことには宝の持ち腐れになる。

練習しようとしていた曲は、ビートルズの let it beやカーペンターズのイエスタデイワンスモアなのだが、ある程度のところまで弾けるようになって結局諦めた。

自分で作ったオリジナル曲のピアノソロアレンジなどもしてみたかったが、両手の分離もまともにできなかったので、そういったアレンジの類ができようになるまで練習するのはかなりの時間がかかりそうだった。

自分の楽曲の中にうまくシンセサイザーを入れるセンスもないし、俺はやっぱり鍵盤楽器はあまり性に合わないようだ。

さいごに

冒頭に書いたように、もうこのキーボードは手放してしまったので、今度もし鍵盤楽器に触れたいなと思った時は家電量販店で適当に触って満足しようと思う。

ちなみに、この商品は買った時は12000円だったか今はAmazonで新品38,000円中古品で1万円前後と値段が高騰しているようだ。

楽天だとそまで高騰はしていなかった。

最新版としてワイヤレスのものも出たらしい。

余談ですが、この記事から google 音声入力を使って記述するようにし始めたのですが、めちゃくちゃ執筆スピードが上がって便利です。

画像

1707301_02.jpg

1707301_03.jpg

1707301_04.jpg

1707301_05.jpg

1707301_06.jpg

1707301_07.jpg

1707301_08.jpg

1707301_09.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加