上咽頭炎・後鼻漏は多めの水分補給で症状が緩和されることはない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『上咽頭炎 後鼻漏は多めの水分補給で症状が緩和されるのかどうか』という記事を書いてから、意識して水を多く飲んでいるが、改善する気配はない。

むしろ、悪化しているような気さえする。

よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる

悪化しているような感じがした

昨日の夜、人と部屋で長時間話しているときに、1Lくらいの常温の水を飲んだが、症状が悪化している感じがあった。

飲んだ直後はすっきりするのだが、それは一瞬で元に戻る。

水毒らしき症状が出る

翌日、舌を見てみると白い舌苔がついていたのだが、調べるとこれは”水毒”による舌苔である可能性が高いようだ。

過剰に水分を取ることで、体に無駄な水分が溜まり、結局、上咽頭炎や後鼻漏もよくならず、舌苔などのさまざまな問題も出てくる。

本当に飲みたいときは飲めばいいだろうが、上咽頭炎や後鼻漏を改善させるために無理やり飲んでも、意味がないどころか悪化することさえあるので注意したほうがよさそうだ。

胃下垂について

ところで、俺は体型的に確実に胃下垂なのだが、調べてみると胃下垂の症状にはあまりあてはまらない。

だが、食事後に眠気、日中の倦怠感、睡眠時間の長さ、など、致命的なものにはしっかりとあてはまる。

どれだけ食べても太らないし、腹筋や背筋が衰えているのも事実だ。

お腹を触ってみると、空腹のときですら、鳩尾のあたりがすかすかで、へそとその下あたりに臓器が位置しているような感覚がある。

胃下垂を治してみる

以前も書いたように、胃下垂が上咽頭炎や後鼻漏を引き起こしている可能性もあるので、近々、骨盤あたりににベルトを巻く生活をして、胃下垂の改善を試ようと思う。

ベルトは、普通のズボン用のベルトを使う。

これは5年くらい前にもやっていたが、昔のことなので効果は覚えていない。

食後の眠気と日中の倦怠感はそこそこ改善されていた記憶がある。

その頃は上咽頭炎や後鼻漏にはそもそもなっていなかったので、それに関してはわからない。

ベルトはつけるのもめんどくさいし、血行が悪くなったりしそうなので、本来は腹筋背筋をして筋力をつけるのが一番だと思う。

しかしそういった筋トレは続けられる気がしないので、とりあえずベルトでやってみようと思います。

結果はまた記事に書くかもしれません。

まとめ 水を多く飲むのはやめたほうがいい

最後になりましたが、上咽頭炎 後鼻漏の症状の緩和のために多めに水を飲むのは、効果がないどころか悪化の可能性もあるので注意したほうがいいようです。

よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる

山本漢方製薬 なた豆茶100% 6gX12H

白刀豆粒100% 280錠

上咽頭炎・後鼻漏は多めの水分補給で症状が緩和されるのかどうか
夏になり、後鼻漏がましになるかと思いきや、冬場ほどではないにしろ、あまりましにはなっていない。 なた豆粒も、少しずつ飲むの...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加