KS 壁掛け 置き時計 デジタルタイマー カウントアップ/カウントダウン機能付きを買いました レビュー、感想、使用感など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺は二階に部屋があるので、

一階のキッチンで鍋を火にかけている時などにタイマーが必要になる。

記事を書くのにかかる時間や、絵を描くのにかかる時間を計測したりもするので、

カウントアップ機能がついているタイマーのほうがいい。

そういうわけで、1600円と少し高いが、このKSというメーカー(?)の、

タイマー機能、カウントアップ機能付きの時計を購入した。

KSというメーカーは聞いたことがないし、調べても出てこない。

型番もないようだが、とりあえず良い商品なので問題はないと思う。

KS 壁掛け 置き時計 デジタルタイマー 電池式 LED大画面タイマー カウントアップ/カウントダウン機能 スタンド付き マグネット付き キッチンタイマー 置き掛け両用 時分秒設定 料理用

デザインも良く、使いやすくて便利

白を基調としたシンプルなデザインで、文字も大きくて見やすい。

使い始めてすぐは、液晶がなじんでいなかったのか、

文字が薄いように見えたが、すぐに濃くなりちゃんと見やすくなった。

前面にスイッチがないのが良い

各スイッチが上部にあるおかげで、前面がすっきりしているのもかなり好きだ。

個人的には時計を表示させることはほとんどないのだが、

前面がすっきりしているおかげで、で時計機能をメインに使っても違和感が少ないと思う。

他に売られているタイマーは、前面にスイッチがあり、

分や秒や1~9までの数字が書かれていて、少しダサく見える。

不満点

しかし不満点もいくつかある。

リセットするのに4秒かかる

分と秒を4秒同時押しでカウントリセット(すべて0)ができるのだが、

4秒押し続けないといけないのは少しめんどくさい。

せめて2秒か、もしくは同時押しした時点でリセットでいいんじゃないだろうか。

ボタンの連打が面倒

時間、分、秒は、数字の入力ではなくボタンの連打で数を増やしていくのだが、

例えば45分や50分など、分数が多くなると連打がめんどくさい。

押し続けると高速で数字が上がっていくようにはなっていないので、そこが残念だ。

時間は24時間までなのでそこまで連打は必要ないし、秒単位での操作はしないので、

やはりメインに使う分数を、連打で上げていくしかないのは気になった。

1~9までの数字ボタン式になると、このシンプルなデザインは実現できないだろうし、仕方がないか。

何度もいうが、せめて押し続けには対応していてほしかった。

vinker デジタルキッチンタイマー

下記のvinkerというメーカーのタイマーとも迷ったが、

デザインがださいのと、24時間に対応していないということでやめておいた。

特にカウントアップに関しては、6時間以上計測することもあるので、

絶対に24時間対応のものにしたかった。

さいごに

俺はこのタイマーを、基本的にはカウントアップでの時間計測に使い、

鍋に火をかけたりするときはカウントアップをリセットし、タイマーとして使っている。

時計はアナログ式の掛け時計があるので、時計機能を使うことは少ない。

1600円と少し高いが、総合的にはかなり良い商品なのでおすすめです。

画像

1705171_01.jpg
1705171_02.jpg
1705171_03.jpg
1705171_04.jpg
1705171_05.jpg
1705171_06.jpg
1705171_07.jpg
以前使っていた、コーナンブランド『LIFELEX』のタイマー。
自立もしないので、大きいクリップをスタンド代わりにして使っていた。
1~9まで数字ボタン式なので、入力は早かった。
カウントアップ機能もないし、キッチンで使うくらいがちょうどいいと思う。
1705171_08.jpg
1705171_09.jpg
1705171_10.jpg
今回購入したKSのタイマーは俺の机にも合う。
1705171_11.jpg

ツイート

KS 壁掛け 置き時計 デジタルタイマー 電池式 LED大画面タイマー カウントアップ/カウントダウン機能 スタンド付き マグネット付き キッチンタイマー 置き掛け両用 時分秒設定 料理用

vinker デジタルキッチンタイマー、12時間AM/PM時計機能付け、大音量アラームと点滅ライト付けのキッチン目覚まし時計

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加