年下相手でも君付けで呼ばない

俺は年下が相手でも、相手の名前を君付けで呼ぶことはない。

必ず”さん”付けか、親しくなったら呼び捨てだ。

いびきくん

君付けはマウンティング

人を君付けで呼ぶのは明らかに見下している感じがする。

自分自身が君付けで呼ばれることはあまり気にしないが、君付けで呼ばれるたびに、絶対に優越してくるなよ、とマウンティングされているようには感じてしまう。

なんというか、そう言い聞かせられているような感覚に陥る。

マウンティングしながらも距離感を縮めようとする

知り合いに、年下だとわかった途端にやたらと君付けで呼びまくるやつがいるが、好かん。

友達自慢野郎もそうだが、人を君付けで呼ぶのが好きなやつは、相手にマウンティングしながらも、距離感を縮めたいんじゃないだろうか。

ところで最近は、2015年頃のように、文字数の少ない記事が増えてきた気がします。

いびきくん

人との「距離感」がわかる人、わかっていない人: “つかず離れず”が人間関係の極意 (単行本)

思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33 (小学館新書) 思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加