麻雀の記録

役満や数え役満の記録。
ほとんどサンマです。
新しいものが上に来るようになっています。

役満


↑サンマでの九蓮宝燈。

数え役満

白 發 小三元 混一色 対々和 混老頭 ドラ5

2015年2月16日(月)のリアル麻雀。
東3局 親 ツモ
白 發 小三元 混一色 対々和 混老頭 ドラ5 15翻

上家を飛ばして逆転勝利。

ものすごく綺麗な手を上がれた。

配牌では九種何牌かだったが、北ドラを2枚出すと白と發がトイツに。
そこからは一鳴きで仕上げていけた。

途中、3sを引いてきたので、中切りで23s待ちにもできたが、それだと混老頭が消え、2sなら対々和が消えて、数え役満にならないので、ドラ表示牌で1枚切れているが、中で待った。
そしたら3順目くらいにツモってきた。

次の半荘も勝った。

天鳳 上級 三喰アリ赤 東南戦で12連勝

150217130945.png
リアル麻雀(サンマ)で数え役満を上がったりと、近頃ツキすぎている。

牌操作云々でネトマはやらないと言っていた俺だが、近頃、父親が天鳳に課金するくらいドハマリしていて、俺も感化されて、13日から打っていたのだが、12回連続でトップをとってしまった。

1/3の12乗(?)なので何万分の一かの確率らしい。

俺は今まで、役牌は基本的に二鳴き、というやり方で打っていたのだが、必ず一鳴きし、あと、役がある時は満貫じゃなくてもダマでいく、という打ち方を試すため、天鳳で打ったら、こんな結果になった。

もちろんこの連勝にも、なにが人為的なものがないとは言い切れないが、やはりうれしい。

13回目の半荘のオーラスの内容

そしてさっき(2015年02月17日 12時)、13回目の連勝を目指して、打ってみたが、プラスの2位となり、連勝記録は終わってしまった。

東一局の起家で、子の倍満を喰らい、そこから3回連続、その倍満を喰らわせてきた対面に直撃を食らわせたが、オーラスの接戦で、振込みはしなかったものの、負けてしまった。

オーラスの最初は俺が50000点、2位が34000点。

下家が親の満貫に振込み、50000点と49000点の接戦。

2本場は流れ、3本場で俺が發トイトイドラ1の手を3p8sのシャボでテンパり、1pをツモってきて、カン2pに受けるか迷った挙句、受けずに打っていたら、次の順で2pをツモってしまった。

そしてその順で親が満貫をツモり逆転。

シャボとカンチャンの選択はほんとに嫌いだ。

1位56700点、2位44400点で、プラスではあるものの、連勝はあえなく途絶えた。

ちなみに3pと8sは生牌で、6pを捨てているので3pはひっかけにもなっていた。

カンチャンに受けたとして、2pは場に一枚。

牌譜を見ると、下家がトイツで持っている。
つまり俺はカンチャンに受けていればラス牌である2pを即ツモれていた。

でもこれはもう仕方ないと思いたい。
そこも含めて勘なんだろうか。

とにかく今回の12連勝で思ったことは、これだけ連勝すると、次も連勝を途絶えさせたくないと思って異常なほど緊張して疲れる。

まぁネトマだし、気楽に、ほどほどに打ちます。

あと一応、天鳳の成績を載せておきます。

150217130156.png

error: