麻雀について その1 大明槓をしまくる奴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、麻雀を打っていて色々と思う事があったので書きます。

ほかの記事にも書いたが、最近はリアルの知り合いと卓を囲むことはなく、もっぱら、配信しながら知り合いと天鳳の個室で打ったり、家族と打ったりしている。

年末年始は天方の段位戦をやっていたが、今は全くやっていない。

理由は後述。

あと、すべてサンマでの話です。

マンガでわかる! 東大式麻雀入門 (池田書店の東大式麻雀シリーズ)

めちゃくちゃな打ち方の奴ばかりだった

まず、俺はリアルはもちろんネットにも、麻雀が出来る知り合いが少ないので、配信で知り合った人に、初めてみない?と誘うことからはじめる事が多い。

リアルで打っていたときも、知り合いに麻雀が出来る奴は一人もおらず、一人に教え、そいつがまた誰かに教え、という感じで、徐々に打てる奴が広まったという感じだった。

そうなると必然的に初心者と打つことが多くなるので、仕方がないのだが、今までほとんど、めちゃくちゃな打ち方の奴としか打ててこなかった。

カンをしまくる、ヤーイヤイという人物

たとえば、俺のリアルの知り合いの間で麻雀が流行ったときは、ちょうど、某美少女麻雀アニメが放送していたころで、それに影響を受けまくっていた、俺のリアルの知り合いのヤーイヤイという人物は、親のリーチ時もカンするし、どんな状況でも、「俺はリンシャンを狙っている」と言って、これでもかというほどカンをしまくっていた。

当然、場は荒れまくった。

結果的には俺が勝つ事が多かったものの、楽しい麻雀は一度も打てた記憶がない。

九蓮宝燈事件

そして挙句の果てに、前の記事にも書いたが、俺の自宅で打ったサンマで、俺が九蓮宝燈をあがり、ヤーイヤイがいちゃもんをつけ捲くり、絶縁という形で、リアルの知り合いとの麻雀は終わった。

何をやっても良いわけではない

麻雀は一人でやるものではなく、必ず複数人でやるものなので、一人でも初心者や、むちゃくちゃな打ち方をする人がいると、まともな麻雀は打てない。

もちろん金など賭けていなかったが、だからといって、カンで場を荒らしたりラス確したり、何をやっても良いわけではない。

むちゃくちゃをやる人とは打たない

小学生のときに、スマブラで、負けはじめたからといって自滅を繰り返し終わらせる奴や、体育の時間のサッカーで、2-1で自分のチームが勝っているからと、わざとボールを場外に蹴り飛ばし時間を稼ぎ、タイムアップを狙うような奴と同じで、スポーツマンシップに欠けすぎている。

だが、それが俺のやり方だ、スタンスだ、と言われたら反論できないのも事実なので、やはりそういう人とは打たない以外には選択肢がないんだと思う。

楽しく麻雀を打とうという気持ちがない

ヤーイヤイは、俺が九蓮宝燈をあがったときには、嫉妬の炎を燃やして、文句を言いまくり、麻雀の場だけでなく、人と人の関係さえも荒らしたが、その行動を見るに、あいつはそもそも、楽しく麻雀を打とうという気持ちが微塵もなかったように思える。

さいごに 勝っても負けてもつまらない麻雀

俺は金を賭けて麻雀を打ったことがなく、賭けるつもりもないし、プロを目指しているつもりもない。

ただ、気の合う連中と、趣味として楽しく麻雀が打ちたいだけである。

そういうスタンスでやってきたが、麻雀を打つ奴の中には不思議な事に、「場を荒らす事が目的」「人を悪い気分にさせる事が目的」の奴がいる。

ヤーイヤイもそのタイプの人間だったのだと思う。

そういう人が一人でも卓にいると、勝っても負けてもつまらない麻雀になる。

俺はその事に、九蓮宝燈の事件が起きて4年近く経った今やっと気づいた。

マンガでわかる! 東大式麻雀入門 (池田書店の東大式麻雀シリーズ)

マンガですぐ強くなる! 麻雀入門

次の記事

麻雀について その2 場を乱すために打っている奴
前の記事の続きです。 アルティーの話になるのだが、俺はアルティーと仲が良かった頃、スカイプで通話をしながら毎日のように麻雀を打...

サンマ(三人麻雀)で九蓮宝燈を上がったら縁が切れた
3~4前、俺は実家の近くのワンルームマンションで一人暮らしをしていた。 そこにリアルの知り合いの"ヤーイヤ"イと、"慇懃無...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加