人とモメすぎた その3 人を救いたがる人間

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の10月に釣りを始めたことで、周りの人間の一部が

アクティブになってきたじゃん、オープンじゃん、ひきこもってばっかじゃないんじゃん、と

釣りを始めたという一部分だけを拡大視して俺に興味を持ち、

さらに、もっと外で遊ぼうぜなどと言い出し、オープンなほうへ俺を導こうとしてきた。

結局そういう人間は、人を”救ってやった”という自己陶酔がしたいだけじゃないかと思う。

だれもが偽善者になる本当の理由

人を”救いたがる”人間は劣等感が強い

俺が、ヒキコモリのこいつに外で遊ぶ楽しさ、リアルで人と交流する楽しさを教えてやった、と。

心理学的には、人を”救いたがる”人間というのは、劣等感が強い人間らしい。

人を救ったという優越感がほしくてたまらないんだろう。

だから俺はそういう人間に大して、俺のためを思ってくれてるんだなとは思えない。

実績もないのに人を動かそうとする人間

まあそいつの劣等感がどうであれ、俺としてはそうやって、

“実績もないのに人を動かそうとする人間”が嫌いで仕方がない。

前にも書いたが、変われ変われとしつこく言ってくるよりも、

そいつ自身がアクティブでオープンで、外で遊ぶ楽しさがにじみ出てるなら、

こちらはそれに憧れ、楽しそうだなと思い自然とそういう方向に向く。

人を動かそうとするのは傲慢

つまり、人に憧れられもしない人間が人を動かそうとするなんて、

傲慢にもほどがあるということである。

数年前に配信で知り合ってよく話していたものの、

自己陶酔をしたいがために、俺に人生を説き始めたSolunarioなども、

まさにそういう人種である。

俺はやはりインドア

釣りをはじめたことにより、周りのそういう人間が浮き彫りになり、

俺はやっぱりインドアなんだなと、自分を再認識することができてよかった。

釣ってきた魚を家族があまり食べなかったり、寒かったりして、

釣りへのモチベは下がってきてたが、まぁたまにでも気が向いたら行こうと思う。

次の記事へ続く。

だれもが偽善者になる本当の理由

次の記事

人とモメすぎた その4 ブロックを解除した
前の記事から話は変わるが、 Twitterの設定で、ブロックした人間の一覧がでてきたので見ていると、 あまりにも人とモメすぎた自分が情け...

実績もないのに偉そうに講釈を垂れて人を動かそうとする奴
2年くらい前、とある奴が、年下の俺をつかまえて、 「いいか、モチベーションなんだよ。でも苦しんでやるんじゃないんだよ、 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加