楽曲制作の近況と、音楽と絵に関するツイートまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ongaku.jpg

深夜に家で絶叫したり弾き語りをするために、2年前に自作防音室を作ったのですが、邪魔になったので撤去し、最近、それに使った板と吸音材も処分しようとしています。

それで、音楽と絵に対する考えが浮かび上がってきたので、連続ツイートしてしまったので、まとめます。

絵と音楽の対話―名画にみる楽器 (1977年)絵と音楽の対話―名画にみる楽器 (1977年)

自作防音室に使っていた吸音材の処分

音楽をほとんどやらなくなった

音楽は金がかかる

音楽は作品を聴いてもらうハードルが高い、張り合いも起こる

音楽は基本的に美しさを求められる

音楽は目に見えない、絵は目に見える

絵と音楽の対話―名画にみる楽器 (1977年)絵と音楽の対話―名画にみる楽器 (1977年)

音楽と漫画と人 (Next comics)

音楽をやることでのトラブル
中1の時にエレキギターを買ってもらい、中2の時に打ち込みで曲を作るようになり、18歳くらいの時から配信でギターやベースやボーカルを録...

自作防音室(通称 髭林サイレントブース Mark II)の制作に使用した板を処分した
2014年の9月に自作防音室(通称 髭林サイレントブース Mark II)を作った。 必要なくなって邪...
DIYで自作防音室(通称 髭林サイレントブース Mark II)を製作! その1
前の記事では、『髭林サイレントブース Mark I』の製作風景を記しました。 今回ついに、新たに材料を買い、本格的な『髭林...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加