「なので」と「だが」を多用してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、ブログの記事を書いていると、

自分はやたらと「なので」と「だが」の二つを多用していることに気づいた。

文章の書き方についてまともに学んだことがないので、どう改善すればいいかわからない。

別に多用してもいいのだろうか。

言いたいことが伝わる 上手な文章の書き方

気になるときは言い換える

もともとうまい文章を書くことは諦めていて、とにかく伝わればいいと思っているが、

なんとなく気になるので、「だが」は「ただ」や「しかし」に言い換えてみたりしている。

「なので」は「だから」に言い換えると口調が違ってしまうので難しい。

「ちなみに」の使い方を間違えていた

この記事でもすでに「なので」と「だが」をけっこう使った。

ところで、前は「ちなみに」の使い方を間違えていて、

「ところで」のような意味で使ってしまっていたので注意している。

なにに因んでいるか自分でもわからないときは使わないほうがいいようだ。

とりあえず、本でも買って文章の書き方をちゃんと学んだほうがいいとは思うがめんどくさい。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

言いたいことが伝わる 上手な文章の書き方

頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加