ネットが気持ち悪くなった。ついていけない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事にも散々書いたが、ここ数年でネットはかなり変わった。

主に悪い方向に。

SNSって面白いの? 何が便利で、何が怖いのか (ブルーバックス)

とにかくつまらなくなった

いろんなコンテンツが拝金主義でつまらなくなったし、TwitterをはじめとするSNSで、リア充の連中が、『○○な人はRT』などのくだらんツイートをリツイートしまくっている。

そしてスマホの普及でいろんなコミュニティがガキだらけになっている。

つまらなくなったとかいうならお前が面白くしろ、このブログのほうが気持ち悪い、キチガイ絵のほうが気持ち悪い、人生脱落してるから何でもつまらなく見えるだけじゃないのか、などの意見が飛び出しますが、それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。

ところでこの記事は、グーグル検索で『ネット 気持ち悪くなった』という候補が出るのにも関わらず、そういったことが書かれたページはあまり出ないので、ヒットするようなタイトルにしました。

アルティーとの出来事

そんなことを考えてると、ふと、アルティーとの3,4年前の出来事を思い出した。

奴が『赤文字の人』という名義で、とあるFPS配信にチャットやマルチプレイで参加し、Twitterなどで、その配信者やリスナーと交流を深めていたころ、「おなもみ君、僕がお邪魔してる配信にも、『浅い奴』が現れたんですよ。。」

とかスカイプで俺に愚痴りだした。

浅い奴が増えている

その『浅い奴』というのは高1くらいのガキで、Twitterのプロフィールに、特に変な性癖でもないのに「俺変態ですから」とか書いたり、深くもない知識をやたらと偉そうにひけらかすような、アルティーが一番嫌うタイプの人間だった。

そいつに対する愚痴をひたすら俺に聞かせてきて、俺も、最近ほんとそういう奴増えてますから、と共感し、お互いの考えが同じであることを再認識していた。

そうやって俺はアルティーとタッグを組んだ気になって、ネットで『浅い連中』がいたらお互いに愚痴るようになっていた。

アルティーのネット引退という決断は大正解

前にも書いたが、今思うと本当にアルティーの『ネット引退』という決断は大正解だった。

今はもうその高1のガキのような連中が大多数だし、当時は敷居が高かったネットでのライブ配信も、ツイキャスが台頭してきてから誰でも簡単に出来るようになり、見ての通りガキだらけのアホだらけになっている。

おそらくアルティーも、こんな状況には絶対に耐えられないと思う。

あいつは俺へのメールで、自分から情報を発信することは今後しないつもりです、と書いてたが、まさに正解である、と。

アルティーがネット引退して2年経つが、奴は別の名義で活動などはせず、ネットは情報を入手するためだけに使い、リアルに重点を置いてるんだろう。

俺はネットでの活動しかできないので、引退とかはしないが、この先もずっと肩身は狭いだろう。

アルティーの力を借りている

今でも俺はアルティーの、浅い連中を嫌悪する姿勢をかっこいいと思っている。

定型文を使う奴は安確だとか書いたが、冒頭の「それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。」とかにしても、俺はアルティーの定型文を使い捲くってる。

ネットで浅いクソガキに出くわしたとき、俺は、今は亡きアルティーの定型文を使うことで、アルティーの力を借りられている気がするのだ。

さいごに アルティーの遺志を継ぐ

アルティーはネット引退によって、実質、死んだが、俺という人間が遺志を継ぐ限り、アルティーは存在し続ける。

アルティーとともに何かを成し遂げる、そんな目標はもう達成できないが、アルティーのエッセンスとも言える、思想の根幹の部分は俺が受け継いでいる。

それが良いのか悪いのかはわからないが、生きる勇気になっている事だけは確かだ。

かっこつけすぎた。

SNSって面白いの? 何が便利で、何が怖いのか (ブルーバックス)

インターネットのシロサギ達~ネットの嘘と危険から貴方の身を守る方法~

ここ数年でネットが変わった
大体、ここ3年くらいの間にネットはかなり変わったと思う。 俺がネットを始めて入り浸っていた頃(2004年~)は、前略プロフ...
アルティーのネット引退という決断は正解だった
アルティーが俺に送ってきた最後のメールから抜粋。 突然ではありますがわたしアルティーはインターネットから足を洗うことにしました。 勿論生活...

定型文野郎とは話す価値がない
某なんたら語録を使っている連中が増えてるが、ああいうのとは、そもそも話す価値が無い。 相手は自分の言葉でしゃべらない、人形劇の人形を使...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加