梨状筋症候群・坐骨神経痛が治らないので西川エアーポータブルクッションを買いました。レビュー(評価)、感想、使用感など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去年8月に「ローデスク」を試してから、梨状筋症候群・坐骨神経痛がひどくなった。
兆候自体は10代の頃からあったが、きっかけはその「ローデスク」と「座椅子」だったように思う。

ローデスクと座椅子を使っていたら坐骨神経痛・梨状筋症候群になったのでハイデスクに戻しました
今年4月に『DIYで引き出し付オフィスデスクをローデスクに改造』という記事で、元はハイデスクだった引き出し付オフィスデスクをローデスクに改造...

それからハイデスクに戻し、低反発座布団や円座を試した後、「硬い椅子(パイプ椅子)」も試した。
結果、硬い椅子によって症状はましになったかと思ったが、数カ月経って余計にひどくなった。

硬い椅子に変えたら梨状筋性坐骨神経痛が緩和されました あと空調ざぶとんもやめました
俺は去年(2016年)の4月頃に、机をローデスクにして、それに伴い椅子を座椅子にしたことで、坐骨神経痛、もしくは梨状筋症候群、もしくは梨状筋...

昨日あたりは、もう椅子に座っていられないほどひどい状態だったので、この「西川エアーポータブルクッション」を購入した。

やはり普通の座布団や低反発座布団とは違う。確かな体圧分散性。

俺がこの「ムアツクッション」を購入したのは、東京西川のムアツシリーズを信頼しているから。

俺は母のすすめで17歳の時に6万円のムアツ布団を購入した。
突起のお陰で体圧が分散し、何時間寝ても全く体が痛くならない。

今回は購入したのはムアツ布団のクッション版みたいなものだが、やはり座り心地は抜群だった。
無数のウレタンの突起の上に座ることになるのだが、体圧が分散していることが体感でわかる。

前使っていたAmazonの低反発座布団のように「一箇所」に沈み込まない。
確かに坐骨の突起の部分がもっとも沈む感じはあるが、低反発座布団より沈みがはるかに穏やかな感じがする。

布団にしても座布団にしても、この突起による「耐圧分散性」こそが重要なのだと思う。

当たり前だが、硬いパイプ椅子に座るのの何十倍も楽だ。

東京西川のムアツクッションの違い。複数あるうちどれを買えば良いのか。

今回この「西川エアーポータブルクッション」を買うにあたって色々と迷った。
同じ東京西川から、似たような商品が複数出ているからだ。

俺が見つけた限りだと、
西川エアーポータブルクッション
ムアツクッションGT
ムアツベーシッククッション
の3つがあった。
細かいのを含めれば他にもあるかもしれない。

全部大きさは40×40で、厚みはそれぞれ違う。
確か今回買ったエアーポータブルクッションは5cmで、
ムアツクッションGTは7cm、ベーシックは6cm。

硬さを表すニュートン数は、書いているものと書いていないものがありよくわからなかった。
ムアツクッションGTとベーシックはとりあえず90ニュートンということはわかった。

エアーポータブルクッションのニュートン数は不明。
説明書にも書いていなかった。

この3つの中でなぜ、厚みが一番薄いエアーポータブルクッションにした理由は2つ。
ムアツクッションGTの評判が悪かったから。
ムアツベーシッククッションの柄がダサかったから。

ムアツクッションGTは厚みはあるものの、90ニュートンというのは柔らかすぎるらしく、沈み込んで結局痛くなるらしいとレビューがあった。
それなら、同じ90ニュートンのベーシックも同じだろう。

なので、厚みが一番薄く、しかも持ち運びもしないのにポータブルとかかれてある、エアーポータブルクッションにした。

一生好きなことをして暮らすための「不労所得」のつくり方

今までで最高の座り心地。

このエアーポータブルクッション、間違いなく過去最高の座り心地ではある。

俺は今まで、梨状筋症候群・坐骨神経痛をなんとかするため、
親戚にもらったリクライニングチェア+空調ざぶとん

  • オフィスチェア+空調ざぶとん
  • 食卓椅子+Amazonの安い低反発座+空調ざぶとん
  • 食卓椅子+Amazonの安い低反発座+円座
  • パイプ椅子+空調ざぶとん
  • パイプ椅子+薄い座布団

などいろいろな椅子と座布団の組み合わせを試したが、このエアーポータブルクッションが最高だ。
何枚も重ねなくても、一枚で十分オシリがいたくない。

でも少し心もとないし、カバーの洗濯が面倒なので、今まで座っていた激薄の座布団をさらに上に敷こうとおもう。
それによってさらに体圧分散がうまくいきそうな気もする。

座り心地はいいが、まだ梨状筋症候群は痛い。

エアーポータブルクッション、座り心地はいいのだが、まだ微妙に右側の梨状筋症候群が痛い。
これでもまだだめなんだろうか。

エアーポータブルクッションでだめなら、上述のムアツベーシックとかも買ってみて、2個重ねて見ようかとも思ったが、沈み込み過ぎたらまずい。
なんとか梨状筋症候群を治したいが、とりあえず手は尽くした。

来年1月には3万円のリクライニングオフィスチェアを買う予定だ。
それと今回のエアーポータブルクッションを合わせることで、さらに症状が良くなってくれることを祈る。

左は坐骨神経痛、右側は梨状筋症候群

ちなみに一昨日から昨日は、何ヶ月も硬い椅子に座りすぎて本当に限界だった。
俺の梨状筋症候群は右側だけで、左側はなんともなかったのだが、今度は左側が坐骨神経痛になった。
梨状筋ではなく、坐骨が痛かった。

しかも右側は相変わらず梨状筋症候群で、左右両方痛い。
こんなことがあるのかとおもった。

でも左側が痛すぎたせいか、右側の梨状筋症候群の痛みがほとんどわからなくなっていた。

左側の坐骨神経痛は一時的なものだったようで、さっき10時間ほど寝ていたら治った。
右側の梨状筋症候群は相変わらず疼痛がある。

さいごに

とりあえずこのエアーポータブルクッションはいい商品です。
安い低反発座布団なんかは買わないほうがいいと思います。
左右どちらかに偏って沈み込むと、梨状筋症候群は坐骨神経痛は余計にひどくなると思う。

しかしこのエアーポータブルクッションでもまだ梨状筋症候群は治りそうにない。
やはりストレッチなども継続的にする必要があるのかもしれない。
それでも、完治するかはわからない。

長年のデスクワークで、体の左右のバランスが修復不可能なくらいひどくなっている気がするので、一生付き合っていくことも覚悟したい。

まぁそんな感じでした。

追記:
書き忘れましたが、蒸れもほとんどなくていい感じ。
座面も高くなりすぎずちょうどいい。

追記:
硬さはちょうどいいですが、厚みが物足りなく、椅子の座面そのものが固い場合、やはり少し痛くなる。
なので、もう一個このクッションを買うか、ムアツクッションGTを買って、重ねてみるのはありかもしれない。
座面が高くなりすぎる可能性があるが。

試したらまた記事を書くか、この記事に追記します。

画像

ツイート

関連記事

「ほぼ治った。」っていうのは間違いでした。

梨状筋症候群・梨状筋性坐骨神経痛(右側)は左向きに寝てたらほぼ治った。心臓が下になるが問題なし。患部を上にして睡眠をとること。
数年前から兆候があり、去年上半期にローデスクと座椅子で生活してみたせいでさらに悪化した、右足(右ケツ)の梨状筋症候群(梨状筋性坐骨神経痛)。...

スタンディングデスクはとんでもなく疲れるのでやめましょう。

梨状筋症候群・坐骨神経痛の治療のためにスタンディングデスクを試してみたけど
スタンディングデスクはまさに、前作った"ローデスク"と正反対のデスクだと思う。 しかしとにかくスタンディングデスクは足がつかれたし集中...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加