隣人のキチガイババアのいやがらせを警察に突き出すために監視カメラを設置した思い出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詳しいイヤガラセの内容はこの記事や、この記事下部の関連記事参照。

そのキチガイババアは俺の父親の妹なので叔母ということになり、血がつながっている。

俺はここでは書き尽くせないほど家庭の事情があるのだが、その事はいずれ事態が収束したらこのブログに書こうと思う。

とりあえずそのババアは俺が3歳の時に今の家に引っ越してきたときから隣の家に一人で住んでいた。

挙動も喋り方もキチガイそのもので、人の不幸だけが生きがいのような人間。

40mのセルフパワーUSB延長ケーブルを購入

キチガイババアのあだ名「クレイジー」「オモムキ」

小学生の時に俺の家に遊びに来た友達もみんなそのババアの異常さに気づき、誰が言い出したかわからないがそのババアは「クレイジー」というあだ名で呼ばれていた。

みんな「クレイジー!クレイジー!」と内輪でその叔母をいじっていた。

俺が配信でクルテクやガイキチが視聴している時に、ババアが壁ドンをしてきた時は、俺はそのババアを「隣の”クレイジーな趣(おもむき)のあるババアが…」と紹介した。

するとクルテクやガイキチは「趣(おもむき)」という言葉の響きが面白かったのか、「オモムキ!オモムキ!」とそのババアをいじるようになった。

小学校の同級生も、クルテクやガイキチも、そのババアの顔などは知らないのに、やたらとそのババアに興味を持ちいじっていたことになる。

何が言いたいかというと、そのババアは「アルティー」と同じで、「名前(あだ名)」と簡単な紹介だけで人を惹きつける魅力があるんじゃないかと。

アルティーも、俺が人に「アルティー」と言って叫ぶだけで「アルティーって誰?w」と多くの人間が興味を示してくる。

なんかわからんが名前だけで人に興味を示させる人間というのはいる。

隣に住む叔母の嫌がらせ
隣の家に住む父方の叔母がうちの家族に嫌がらせをしてくる。 被害者続出! 復讐 嫌がらせの手口★裏モノJAPAN 様々な嫌がらせ...
隣に住む叔母は俗に言う無敵の人
隣に住む叔母の嫌がらせという記事で、叔母のいやがらせについて書いたが、もっとも重要なポイントを書き忘れてた。 被害者続出! 復讐 嫌が...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加