職場の40代女の香水が臭過ぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nioi-300x300.png

職場でたまにシフトが重なる、40代女のつけている香水があまりにも臭すぎる。

1ヵ月半くらい前からつけ始めたようなのだが、便所の芳香剤の濃度をさらに濃くしたような匂いで、どこに行ったらあんな香水が売っているのか、逆に気になるくらいの悪臭だ。

半径3m以内に近寄るだけで、マスクをしていても関係なしに強烈に匂い、肺に入ると思うだけで気持ち悪いので、できるだけその女のそばによらないように作業している。

どうしても避けられない場合は息を止めている。

それくらいヤバイ匂いなのである。

 

からだのニオイは食事で消す —体臭は内臓からの注意信号

 

本人に言いづらい

食品を扱う接客業だけに、これは俺だけの問題ではない。

客やほかの従業員にも迷惑がかかるので、本人に直接言わなければ、と思ったのだが、俺は踏ん切りがつかなかった。

どんな言葉を選ぼうとも、「あなたのつけている香水、臭すぎます、迷惑です」という内容には変わりないし、そんなことを言われたら、たとえ事実でも、言ってきた相手に腹が立つだろうと思ったからだ。

上司は事なかれ主義

ワキガなどと違い、よかれとおもって故意につけているものだけに、余計に難しい。

それで俺にヘイトが向き、いろいろあって俺がやめさせられることになったら嫌なので、勇気を出して、本人じゃなく上司に言ってみた。

すると返答は、「人それぞれ、家の匂いとかあるから、そういうことはあんまりね… 言わないほうが…」

と、俺と同じく事なかれ主義的なものであった。

 

葛藤

俺は、だめだったか、耐えるしかないのか、と思い業務を続けていた。

そもそも俺が気にしすぎなのか?俺より遥かにその女と長い時間働き、狭い事務所内で作業したりすることもある他の人が、なにも言わないということは、俺の嗅覚が異常に敏感すぎるのか?と思い、自分自身を疑って本当に悶々としていた。

 

香水をつけてくるのをやめた

しかし2週間ほど前に、ついにその女が悪臭香水をつけてくることをやめた。

厳密には、まだ僅かに匂うのだが、ほとんどわからないレベルまで薄くなっていた。

それで俺は胸をなでおろした。

俺以外の誰かも、あの便所のような悪臭に耐えられなくなり、上司に報告するなり本人に直接言うなりしたんだ、と。

これでもう悪臭に悩まされない、そして俺の嗅覚は間違ってなかった、俺だけ異質なわけではなかった、と安心した。

あの女がもう二度とあんな香水をつけてこないことを祈る。

 

そもそもその女が嫌い

今回のことで重要なのは、俺が様々な理由でその悪臭香水女のことが大嫌いだということである。

そいつがそこそこ普通の見た目で、愛想のいい人なら、仮に香水が悪臭だろうが、俺はなんとか耐えられたかもしれない。

もしくは、本人に直接言っても波が立たずに済ませられたかもしれない。

しかしそいつはとんでもないブスで、なんというか、自分がブスであることにすら気づいてないというか、女なのに化粧の仕方もわからないようで、おてもやんみたいになっている。

センスがズレている

冬場にマスクをするときも、普通はみんな使い捨ての白い三次元マスクを使っているのに、何度も洗って使うタイプの、灰色の汚れた布マスクを使っていて、見た目も不衛生極まりない。

見た目に気を使っていないのかと思いきや、髪は浮浪者並に痛み捲くったボサボサの茶髪にするし、もはや根本的に”ズレている”としか思えない。

もちろん結婚もしていないだろうし彼氏もいないだろう。

女として欠陥していることは誰の目にも明らかだが、それに対して病んだり後ろめたさを感じている様子がまったくない。

今回の香水も「ちょっと香水をつけてみようかしら」と思ってつけたものの、センスが絶望的にズレているせいで、逆に探すのが難しいくらいの悪臭香水をチョイスしてしまったんだろう。

 

無神経な発言

ほとんど悪口になってしまったが、ここまでなら俺は別に腹立つことはない。

その女がズレていようが女として欠陥していようが、悪臭香水によるスメハラを除いては、俺が迷惑をこうむることはない。

本当に俺がその女に腹が立ったのは今年の送別会のときだ。

十数人集まったのだが、若い男は俺一人だった。

宴もたけなわで、話題は俺の労働時間の話になった。

みんなそれぞれ「派遣とかしてみたら?」「ネット販売とかは?」などと案を出してくれている中、その女が「なんで君はもっと労働時間を増やさないの?w 人が怖いの?w」などと言ってきた。

 

ブチ切れたところで話が通じない

俺は様々な思いを巡らせた後に「いや、別にそういうわけではないですけどw」と言って濁した。

その場は数年間働いてきた人を送り出す場なので、誰か一人がブチ切れて最悪の門出になることは誰も望んでいない。

だから俺は、今までメガ安やヤーイヤイにブチ切れられなかったのと同じように、言葉を飲み込んだ。

別にその選択に後悔はしていない。

仮にブチ切れていても話が通じなかっただろうなと思うからだ。

 

人の気持ちも自分の気持ちもわかっていない

上にも書いたように、その女は根本的にズレている。

人の気持ちがわからないし、そもそも自分の気持ちもわからないのだろう。

だから人が言われて腹が立つだろうなという言葉を平気でいってしまう。

俺はその前から徹底的にその女を見下しているが、見下している対象に見下されることほど腹立たしいことはない。

しかし今回はラーキルアの件とは違い、”俺を小ばかにして優越感を得た”わけではないように感じる。

その女は、小ばかにするとか関係なしに、本当に何もわからず、意味もわからず口から言葉を出してしまっただけに過ぎないように見えた。

そう考えると、本当にかわいそうとしか言いようがない人物だと思わざるを得ない。

ブチ切れてやる価値もないということである。

 

さいごに

ただ、これからまた悪臭香水をつけてくる可能性もあるし、本当にあの”芳香剤ゴリラ”にはさっさとやめていってほしい。

なんか完全に悪口記事になってしまいました。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

 

からだのニオイは食事で消す —体臭は内臓からの注意信号

デオナチュレ男ソフトストーンW 20G

デオナチュレ ソフトストーンW 20g

 

工務店の体臭激臭のおっさん
父親の知り合いに、工務店をやっているおっさんがいて、工事をしに何度かうちに来た事があるのだが、体臭がハンパなく臭い。 部屋全体に充...
職場の尿臭い女
バイト先で、たまに一緒に仕事をする無口な女がいるのだが、体臭がびっくりするくらい尿臭い。 夏場なんかは特に。 尿と汗がブレンドさ...
臭い男とオフ会をしてしまった。不潔なキノコヘアーで、腐った草や土のような体臭を放って、ダッチワイフ相手に腰を振って盛大に射精。
2年前の夏、MSNメッセンジャーの知り合いの男が、原付で名古屋から関西へ行くんだが、ついでだし会わないか、と言ってきたので、おもしろそうだな...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加