梨状筋症候群・梨状筋性坐骨神経痛(右側)は左向きに寝てたらほぼ治った。心臓が下になるが問題なし。患部を上にして睡眠をとること。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前から兆候があり、去年上半期にローデスクと座椅子で生活してみたせいでさらに悪化した、右足(右ケツ)の梨状筋症候群(梨状筋性坐骨神経痛)。
右足に常に違和感があり、ハイデスクに戻したり、スタンディングデスクにしたり、鍼灸に行ってみたりしたがなかなか治らなかった。
今回、左を下にして寝るようにしてからかなりましになったので、短いが書いておく。

あくまでましになった程度で、完治はしていない。

坐骨神経痛自力で治す!シビレをとる!実践DVD版 3タイプの坐骨神経痛にすぐに痛み軽減ストレッチ (Eiwa mook) [ 小林篤史 ]

右を下にして寝る癖があった。左を下にすると心臓が圧迫されて熟睡できないという思い込み。

俺は数年前から、横向きに寝る時は右を下にしないと落ち着かなかった。
調べても出て来るが、心臓は左にあるので、左を下にして寝ると心臓が圧迫されて血流が悪くなって、熟睡できないと思っていた。
たぶん少しは影響はあるのだろうが、プラシーボだった部分が大きい。

あまりにも右足の梨状筋症候群がうざいので、自然と体が左向きに寝たがった。
それに抗わず左向きに寝るようにしたら、最初は慣れなくて熟睡できない感じがあったが、いつのまにか慣れた。
睡眠時間も、右向きを意識していたときと変わらない。

今年の下半期に入ったあたりからそうしていたら、いつの間にか梨状筋症候群はかなりましになっていた。
今でも椅子に座ると右足に違和感はあるし、あまりにも長時間同じ体勢で座っていると疼痛が出てくるが、以前よりはだいぶましだ。
少なくとも立っている時に右足が気になる、ということはなくなった。

東洋医学見聞録(中巻) 初心者でも再現性がある鍼灸治療の実際 [ 西田皓一 ]

さいごに 梨状筋症候群はましになっても完治はしない可能性

マッサージ、鍼灸に行ってもほとんど効果がなかったので、やはり一生付き合っていくしか無い気がする。
体の左右のバランス自体が偏っている可能性もある。

左向きに寝ることで、右足が上になり、梨状筋の部分を自分の手でグリグリとマッサージもできるようになり、それも効果があるようだ。
少なくとも自分は短期的に鍼灸に行くよりは効果があった。

梨状筋症候群は大体片側がなると思いますが、右足の人は左向きに、左足の人は右向きに寝てみるとましになるかもしれません。
というより、片側向きでばかり寝ているから片側が梨状筋症候群になったという可能性もある。

また新たな治療法があったら記事にします。

エビデンスに基づく疾患別クリニカルマッサージ ー評価と治療 [ セリア・ブッチ ]

自力でできる革命的「1分筋トレ」で、足と腰の坐骨神経痛が劇的に治った! (主婦の友生活シリーズ) [ 内田輝和 ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加