PLAYTECH (プレイテック) TL250 YELLOW Mapleをナチュラルフィニッシュ加工

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4年前、Soundhouseで7000円でくらいで買ったプレイテックのTL250を、家にあったサンダーを使って塗装を剥ぎ、ホムセンで買ってきたニスを塗って、ナチュラルフィニッシュ加工をした。

安ギターだけあって、ホワイトウッドというかなり脆い木材がボディとネックに使われていて、ナット部分の木が欠けてしまっていたので、捨てるつもりで行った。

62年式テレキャスター用ピックガード ブラック3P ミリ

作業がとにかくめんどくさかった

適当な塗装であるにもかかわらず、サンダーでもなかなか剥がれず、夏に昼間から大きな音を立てて作業して、かなり疲れた。

熱をかければ剥がれやすいという情報を聞き、アイロンをかけてみたらボディの裏が焦げた。

ニスを塗ってからの放置もめんどくさかった。

横着してピックアップ類などを外さずにやったのもまずかったと思う。

最後に黒のピックガードを1000円くらいで買って取り付け、完成とした。

粗悪なギターが出来上がった

なんだかんだで作業には3~4日くらいかかったが、出来たものは、写真のように塗りムラだらけの粗悪なギターだ。

ちょっとした経験にはなったが、はっきり言ってほとんど時間の無駄だったと思う。

ただ、テレキャスはギターを始めたときからの憧れだったので、完成品を見て少しは楽しめた。

結局、ちゃんとしたテレキャスターを買った

当時は金が無くてちゃんとしたテレキャスターを買えなかったが、金を貯めて、数年後にはFender JapanのTL52 VNTを買うことが出来た。

さいごに 演奏動画を撮っておけばよかった

このテレキャスは、加工して数ヵ月後に処分しました。

レリック加工したARIAのレスポールもそうだが、捨てる前に一度、自分の曲を弾いた動画でも撮っておけば良かったかなと思う。

画像

160615141008_01.jpg
160615141008_02.jpg
160615141008_03.jpg
160615141008_04.jpg
160615141008_05.jpg
160615141008_06.jpg
160615141008_07.jpg
160615141008_08.jpg
160615141008_09.jpg
160615141008_10.jpg
160615141008_11.jpg
160615141008_12.jpg
160615141008_13.jpg

PLAYTECH ( プレイテック ) / TL250 YELLOW Maple
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/129251/

PLAYTECH / TL500 PREMIUM Cherry Burst

62年式テレキャスター用ピックガード ブラック3P ミリ

ギターパーツ テレキャスター用ピックガード ブラック TL用

リョービ(RYOBI) ミニサンダ S-5000 75×105mm 629000A

和信ペイント 水性ウレタンニス 透明クリヤー 130ml

ARIAのレスポールをレリック加工 BLITZ BY ARIAPROII  BLP450 Cherry Sunburst
中2くらいの時に買った2本目のギター。 『BLITZ BY ARIAPROII BLP450 Cherry Sunburst...
Fender Japan TL52 ポット型のジャックにL字シールドを挿せるように改造
2~3年前に、Fender JapanのTL52というテレキャスターを購入したのだが、ジャック部分がプレートではなくポットなので、L字の...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加