ふとした瞬間に猛烈に湧き上がるリアルの知り合いへの憎しみ ヤーイヤイヤイヤーの男など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日バイトから帰って、3時間の昼寝をして起きた瞬間に、

リアルの知り合いの『ヤーイヤイ』という低レベルな勘違い野郎との出来事を思い出し、

胸の周りがどす黒い霧で締め付けられるような、あの憎しみやストレスを感じたとき独特の、

感覚を覚え、気が狂いそうになった。

別にたいした出来事ではないのだが、俺は憎しみが消えない。

以下、その思い出した内容。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どうしても「許せない」人 (ベスト新書) [ 加藤諦三 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)

 

ヤーイヤイと暴力野郎が卒業式でギターを演奏

中学の卒業式の3日後くらいに、ヤーイヤイと暴力野郎など数人で遊んだ。

俺は中学をほとんど行ってなく、卒業式も終わってから顔を出しただけなので、

卒業式の様子を知らないので、その時にいろいろ教えてくれた。

ヤーイヤイと暴力野郎が覚えたてのギターで、ボーカルに目立ちたがりの女子を向かえ、

スピッツのチェリーを演奏したらしい。

その後、卒業式が終わった後の校庭で、ギターを持って記念写真などを撮ったという。

 

俺へのあてつけ

話し終わった後ヤーイヤイは、

「いやあ青春したわ。本当に青春そのものやった。何も思い残すことはないわ」

などと言い始めた。

言うまでもなく、ほとんど学校に行ってなかった俺へのあてつけである。

とにかく陰湿

普段からそういうことを表立って言う奴ならいいのだが、ヤーイヤイという人間はどこまでも陰険で、

限りなく陰湿にそういうことを示してくる。はっきりと物を言ってきたことは一度もない。

 

ヤーイヤイを褒める周りの人間

そもそも、友達に対してそんなことを言うこと自体がナンセンスなので、

俺はその事自体にはそこまで腹は立っていないのだが、

問題は、ヤーイヤイの周りの人間である。

ヤーイヤイという何をやっても中途半端で低レベルで、

イエスマンや、目が肥えてない奴の前でだけそれを披露し、

良し悪しがわかる人間の前では隠し通すような人間を、

慇懃無礼八方美人天パのような無知な迎合野郎が褒め続けるという、そのアホさ加減が許せない。

 

授業中に下手糞なデッサンをし始める

この出来事以外にも、『俺は絵も描けるんだ』とイキり立ったヤーイヤイが、

授業中にプリントの裏にド下手糞な『デッサン』をし始め、

周りの良し悪しのわからない人間が「すげーな!お前すげー!すげーよ!」と集まってきたらしい。

そのことも本人が自慢げに話していた。

カラオケで人に発声指導

他にも、『俺は歌もうまい』とイキり立ち、カラオケでアニソンやボカロの曲を原キーで歌おうとするも、

音程が8割方外れていた。

それにもかかわらず、慇懃無礼八方美人天パに、

高音の出し方などと言って発声法を指導し始めて悦に入る。

塗りがうまくなるからという理由で塗装工を始める

挙句の果てには、学力もなく、周りともなじめないから高校に進学できず、

中卒で塗装工をやっているのに、

「ペンキを混ぜれば、萌え系の絵の塗りがうまくなるから、この仕事を始めた」などと言い始める。

 

もっと指摘すべきだった

今思うのは、俺はそれらの行動に対して、もっと指摘すべきだった。

イエスマンの前でしか、低レベルな自慢をできないヤーイヤイに対して、

いったいなにがすごいのか、と詳しく聞くべきだった。

それができなかったのは、俺が、空気や関係が壊れるのを恐れ、

面と向かって物が言えないビビリだからである。

 

ヤーイヤイは自分の低レベルさを自覚している

同時に、ヤーイヤイは、自分が低レベルであることを嫌というほど知っており、

コンプレックスまみれの人間であることを自覚しているのは間違いない。

本当に自分の絵や歌や仕事に自信があれば、もっと広い世界に出て行けるはずだ。

同級生と会いたがらない

その証拠に、ヤーイヤイは同級生とLINEをすることもなく、同窓会にも行かない。

俺がヤーイヤイに面と向かって言えなかったのは、本人も十分自分が低レベルだとわかっているから、

言ってやっても仕方ないと思ったという部分もある。

 

ヤーイヤイのような人間とつるんでいた自分が恥ずかしい

今となっては、そんな人間とばかりつるんでいた自分が恥ずかしくてたまらない。自分が憎い。

いったいあいつらは「なんだったのか」

メガ安に対しても、慇懃無礼八方美人天パに対してもそうだが、

とにかく苦しんで苦しんで死んでほしいと思うのは共通として、

年月が経って思うのは、いったい、あれらの仕打ち、行動は、

「なんだったのか」と思う。「なんだったのか」わからない。

意味のわからない低レベルな自慢や、嫌味や、安確いじり、

いったい「なんだったのか」。

さいごに リアルの知り合いに見解をききたい

そのことを聞くために電話をしてみようかと思っている。

もう会うこともないが、最後に、冷静に聞いてみたい。どう思っているのか。

思い出したことを少し書くだけのつもりが、感情が爆発して長くなりすぎちゃいました。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どうしても「許せない」人 (ベスト新書) [ 加藤諦三 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)

 

ヤーイヤイヤイヤーの男
小学校からの付き合いのリアルの知り合いに、 "ヤーイヤイヤイヤーの男"という、どうしようもない勘違い野郎がいる。 男の勘...
ヤーイヤイの運転する車で外食に行く奴ら
俺が18歳になる頃、リアルの知り合いの"ヤーイヤイ"という人物が、 普通自動車の免許を取ったらしく、 自分の運転する車でみん...
サンマ(三人麻雀)で九蓮宝燈を上がったら縁が切れた
3~4前、俺は実家の近くのワンルームマンションで一人暮らしをしていた。 そこにリアルの知り合いの"ヤーイヤ"イと、 ...
麻雀を打っている最中にいきなり歌い手の動画を流し始める男
俺のリアルの知り合いに、"ヤーイヤイ"という勘違い男がいる。 そいつと俺と"劇団員の男"という奴の三人で、 劇団員の男の家で、三人で...

 

“ヤーイヤイヤイヤー” | 髭林おなもみ [pixiv]
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=19891300

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加