リアルの知り合いとの確執がやっと終わった 慇懃無礼八方美人天パ、ヤーイヤイ編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この憎しみブログで散々描き、キチガイ絵や俺の楽曲でネタにもしてきた、

小学校1年からの付き合いのリアルの知り合い連中との確執が、やっと終わった。

前の記事に書いたように、思い切って電話をかけ、徹底的に腹を割って話し合った。

今回は慇懃無礼八方美人天パとヤーイヤイに話を付けました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どうしても「許せない」人 (ベスト新書) [ 加藤諦三 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)

はじめに

前者とはそもそも深い絡みがなかったので30分の通話のみ。

後者は、俺にとってメガ安の次に問題のある存在だったので、40分の通話の後、俺の部屋で会って話し合った。

この記事はとんでもなく長くなると思うのでよろしくお願いします。

LINEのホームでのリアルの知り合いへの暴言

まず、俺は2年前の12月にLINEのホームで、

どこにも発散できず、仕返しもできずに溜め込まれていたリアルの知り合いへの憎しみを、

暴言としてぶちまけるという行為を働き、

それによって天パには着信拒否をされ、メガ安やヤーイヤイとも音信不通だった。

そして今年、関係のない人らへの誤解を解くため、そいつら以外と連絡を取った。

残るは当人(メガ安、ヤーイヤイ、天パ)たちだけという状態。

まず天パに電話をかけた

天パには着信拒否をされているので、俺の母親の携帯から電話をかけた。

意外にもすんなり出たので、今回なぜ電話したかを伝え、

LINEのホームの暴言はなんだったのか、俺はお前をずっとこういう風に思っていた、お前はどうや、

はっきりと答えてくれ、と徹底的に腹を割って本音で話した。

仲直りの電話ではない

大前提として言っておいたのは、仲直りするための電話ではない、この先も会うつもりはないということ。

全員が全員に対して気を使いまくり、心を開けず不満を溜め込むあの異常すぎる関係を、

このままフェードアウトさせて終わらせるわけにはいかない、最後にすべてを話したほうがいいと言った。

天パはあくまで濁していた

お前はイエスマンで、ヤーイヤイの低レベルな絵や歌にもすごいすごいと言っていたが、

あれは本心なのかどうなのか、など、徹底的に思っていることを言うように言った。

奴曰く、世間的にはすごくもないが、俺にはできないことなのですごいと言った、などあくまで濁している感じだった。

慇懃無礼で八方美人な態度には腹が立つが、天パとはそこまで絡みがなかったんで、

話すこともあまりなく、通話も30分で終わった。

メガ安への伝言を頼んだ

最後に、俺はメガネ安確に電話がかからないので、お前から伝えてくれと一応言っておいたが、

あそこまで腹を割って話した俺に対して、あくまで濁し、どす黒い腹の底を隠し続ける天パのことなので、

おそらく伝えてくれるわけがない。

ヤーイヤイに電話をかけ、俺の家で話すことに

その通話の10分後、ヤーイヤイに電話をかけた。

40分間、天パと同じようにちゃんと話し合った。

俺はお前の自慢がまったく理解できなかった、本当にあれで自分ですごいと思っているのか、など、

天パよりも確執が深いので、色々と話し合うことがあった。

その後結局、お前が本気なら会って話そうと向こうが言ってきたので、俺の家で会った。

人にされたことを全く同じやり方で返すというヤーイヤイ

お前もメガ安と同じで3人以上の集団になるといきなり俺をイジり出したりするが、

あれはなんだったんだ、と聞くと、

その場の空気的にそうする感じだったし、イジることで距離感を狭めようとしていた部分もあったらしい。

そしてヤーイヤイ曰く、イジりなど、陰湿なやり方で攻撃されたら、表立っては言わず必ず陰湿なやり方で返す、

逆に、殴りかかってきたら殴り返すし、恩は恩で返す、というスタンスで生きているそうだ。

それに対して俺は、ほんまに受動的で、女の腐ったみたいな奴だな、と言ったら、そうだと笑っていた。

相手を否定する発言自体が初めて

そんな風に相手を否定するような発言をするのは、10年以上の付き合いでお互い初めてのことである。

ここまで読んで、俺が相手を責めてばかりいるようだが、まず俺が、

「俺がここまでビビリで、相手に面と向かって言えなかったせいでこんなことになっている」

という前提は話してあるので、終始冷静な話し合いになっている。

ヤーイヤイもこの関係を異常だと思っていたらしい

ヤーイヤイも、この関係を異常だと思っていたらしく、

気の使いすぎ、心を開けなさすぎ、腹の底で何を考えているかわからないという状態に疲れ、

自分から誘ったりするのもしんどいし、根本的に孤独でいいので、フェードアウトしても問題ないというスタンスだった。

ヤーイヤイは俺を嫌っていなかった

俺はヤーイヤイを鬱陶しいと思っていたが、ヤーイヤイは俺のことを嫌な奴だとは思っていなかったらしい。

ヤーイヤイはメガ安をどう思っているか

お互い「サシで話せない」と言っていたメガ安のことはどう思っているか聞くと、

絡みづらい、接点がない、陰湿、などと言っていて笑ってしまった。

一人暮らし時代の九蓮宝燈事件について

あの九蓮宝燈の件はなんだったのかと聞くと、

「別にサンマだからすごくない」というのは本音だったらしい。

嫉妬とかじゃないやろうな、と徹底的にきいたりもした。

よくお前みたいな奴と麻雀なんか打っていたもんや、どうりで楽しくないわけや、

こりゃこれから先も、とても遊びたいと思わんわ、と言うと、そうだなと言っていた。

ヤーイヤイと天パの関係

俺から見るとヤーイヤイと天パは心を開いて仲良さげに見えるんだが、実際どうなんだと聞くと、

あいつは八方美人で誰にでもイエスマンで、利益だけむさぼろうとしていて本当に鬱陶しいと言っていた。

天パのことをそういう風に思っているのは俺だけかと思っていたので、

ヤーイヤイもそう思っていることに驚いたし、同時に安心した。

天パが俺とヤーイヤイの会話を詮索していた

俺が2ヶ月前にヤーイヤイに電話をかけたあと、天パがヤーイヤイに「何を話した?」などと細かく詮索してきたようで、

自分だけ手を汚さずに情報を得ようとする天パの女々しさに心底辟易していたらしい。

ヤーイヤイとの話も終った

そんな感じで世間話や近況なども交えつつ、1時間半ほど話して、もうお互い言うことはないな、貸し借りはないな、と、

どちらもこれ以上腹の底で思って言い出せていないことがないか確認し、別れた。

腹を割って話さないとわからない

本当に、腹を割って話してみないとわからないことだらけなんだと痛感した。

逆に、小1からの付き合いで、10年以上経った今になってやっと腹を割って話せたと言うことに対し、

とんでもない異常さを感じた。

劣等感を抱えた似たもの同志の集まり、全員安確

ヤーイヤイも、全員が悪い意味で似たもの同士で、かといって、

他に友達を作ることもできず、仕方なしに集まっていたいう感じがあったと言っていた。

現にあの時期、天パを除いて、俺もメガ安もヤーイヤイも劇団員も学校に行っていない状態だったので、

女の腐ったみたいな男が集まって、傷を舐め合いながらも本心を話せないという気持ちの悪すぎる関係になっていた。

まさに”全員安確”という状態。

話し合いは有意義な時間だった

その事をヤーイヤイと最後に話し合えたことは本当に大きな意味があった。

最後に別れるときも、何の後腐れもなかった。

あいつらとはカラオケやら麻雀やらして、長い時間をすごしたが、

この話し合いの時間が、今まで一番有意義な時間だったんじゃないだろうか。

過去を清算できた

とにかく全員が男らしくなく、受動的なので、誰かが勇気を出して本音で話し合わないかと持ち掛けないと、

何にも動かず、ずっと陰湿ないじりがまかり通るだけの関係だった。

今回俺が話を持ちかけ、過去を清算できたのは大きかった。

言い出すのが遅すぎた

だが、あまりにも遅すぎた。できることなら、いじられたその瞬間に男らしく、

なんやねんそれは、おかしいやないか、と言っていれば、もっと早く関係が改善されていた。

当時は10代で精神も未熟だったので、感情的な喧嘩や殴り合いに発展していたかもしれない、

という可能性はあるが、それならそれでもよかった。

本音の大切さ

本音を言って切れる関係なら、そこまでの関係。

本音を言うことでそれが早期発見されるなら素晴らしいことだ。

俺をはじめとして全員が本音を言えないことで、奇妙な関係がここまで長く続き、

悪い感情を使いまくるという無駄な時間も過ごした。

憎しみに基づいた作品を作ってしまった

何より、不満を溜め込みすぎたせいで、

キチガイ絵や憎しみ記事や、リアルの知り合いのことを糾弾する楽曲などの、

後に残る、取り返しのつかないものを作ると言う行為にまで至ってしまった。

一人で考え込むと、ネガティブな方向に行ってしまう

ちゃんと本人と直接話し合いをしてみると、怖いほど簡単に憎しみは消えてしまった。

俺は特にそうだと思うんだが、自分だけの思い込みで他人がどう思っているかなどを考え始めると、

どんどんネガティブなほうへ進み、勘違いし憎しみを増徴させ、自分で自分を苦しめてしまうようだ。

はっきりと物事を言わなくても、溜め込まない人はいるのだろうが、

俺はそういうタイプではないので、これから先の人間関係でも、必ずはっきりと物を言わなければならない。

喧嘩になろうが縁が切れようが、そうすることがなにより『健康的』であると、今なら断言できる。

小6の頃ははっきりと物を言えていた

ちなみに、はっきりと物を言うスタンスは、小6の時には実現できていたのだが、

中1で不登校になってからはできなくなった。

小6のときに遊んでいた連中は、今もオープンに人と付き合い、働き、健康的な日々を送っている。

ヤーイヤイと天パとの確執は終わった

今回で、ヤーイヤイと天パとの確執は終わった。

劇団員の男には特に言いたいことはないし、他の調理師の男やらは腹が立つが、

深い関係でもないのでまぁどうでもいい。

残るはメガ安

とにかくあとは、メガネ安確だけだ。

あいつほど俺の人生に深く悪い影響を与えた人間は少ない。

おそらく天パはちゃんと伝えてくれないと思うので、そうなるともう、あいつの家の前で何時間も待つしかない。

絶対にこのまま終わらせるわけにはいかない。

アルティーのように、どうしても連絡がつかない場合は諦めるしかないが、

連絡がつくメガ安とは、絶対に話し合わなければならない。

まじめな話への誠実な対応

幸いにも、ヤーイヤイはこちらが腹を割って話せば、誠実に対応してくれる人間だった。

中には、こちらがどれだけまじめに話そうが、ふざけて茶化し続ける不誠実な輩もいる。

メガネ安確はそうではないと俺は信じているので、なんとしてでも話し合う。

さいごに “全員安確 完結。”に向けて

おそらくヤーイヤイの場合と違って、暴言を吐くことにもなると思う。

つかみ合いになろうが関係ない。今まで言えなかった事をお互い全部言い切らなければ、

次に進めない。少なくとも俺はそうだ。

相手はもうどうでもいいと思っていたとしたら、俺のわがままとして扱われ、

頼み込むことになってもいい。

お互いが存在していて、関係と言うのは存在するので、

どちらかが不完全燃焼なら、解消してもらう義務がある。

近々実行します。

それをもって、”全員安確 完結。”となることを祈ります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どうしても「許せない」人 (ベスト新書) [ 加藤諦三 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)

俺のリアルの知り合いの慇懃無礼八方美人天パという安確クソポンチ野郎
俺の小学校からの同級生に、"慇懃無礼八方美人クソ天パ"という男がいる。 名前の通り、とにかく波風を立てず、 ひた...
リアルの知り合いとの確執がやっと終わった メガネ安確編 その2 慇懃無礼八方美人天パについて
前の記事の続きです。 電話口ではやたらと気前良く話し、メガ安に伝えておくという約束もしてくれた天パだが、 実際は...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加