まともな生活リズムを一週間以上保てたことがない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺は小5のときにパソコンと自分の部屋を与えられ、

その頃くらいからネットにハマり、昼夜逆転する生活をし始めた。

忙しい人を支える賢者の生活リズム

朝までパソコンをしていた

朝の5時くらいまでパソコンをしていて、気がつくと空が白んできて、

眠たいのに学校に行かなければいけない、となって泣き叫びそうになっていた。

小6のときは活発になっていたので、パソコンをやりすぎて生活リズムが乱れる、

ということはあまりなかったが、

中1で学校に行かなくなったあたりから、

夜寝て朝起きる、昼夜逆転しないというまともな生活リズムを保つことができなくなっていった。

気分が乗ると夜更かししてしまう

あれから10年間、まともな生活リズムを一週間以上続けられたことがない。

できれば夜22~0時の間に寝て、朝6~8時に起きる、という生活リズムを、

乱れずにずっと続けられれば理想なのだが、そんなことはできそうもない。

気分が乗って創作意欲が出てきたり、

配信やチャットで話が弾んだりすると、目が冴えてきて、

結局寝るのは朝4時~8時とかになり、昼夜逆転してしまう。

昼寝で昼夜逆転

それくらいは現代人にとって珍しくないと思うが、

俺はそれに加えて、朝にちゃんと起きられても、なんだか気分が沈む、気分が乗らない、

というだけで昼ごろにまた寝てしまい、すぐに昼夜逆転する、ということもある。

気分が変わると昼夜逆転

そんな感じで、奇跡的に3~4日、まともな生活リズムを保てても、

何かに夢中にったり逆に気分が沈んだりすると、

リズムはすぐに乱れてしまう。

バイト前だけはしっかりと寝る

それでも、週2日だがバイトはしているので、その日は朝6時にまでに起きなければいけない。

睡眠不足の状態でバイトに行こうとすると、気分が沈むので、

バイトの前日は必ず8~12時間は寝るようにしている。

昼夜逆転のデメリット

昼夜逆転し生活リズムが乱れることのデメリットは、

内臓系をはじめとする体中の不調、脳への悪影響、

そして、時間の浪費だと思う。

昼夜逆転して、朝寝て夜起きると、体内時計や日差しや物音の影響で熟睡できず、

どうしても睡眠時間が長くなる。

昼夜逆転を直そうとして寝続けたりするのも時間がもったいない。

気分変調症の可能性

バイト前によく眠らないと耐え難く気分が沈んだり、

夜になっていきなり気分が乗ってきて創作活動をしたり、

朝なのに気分が乗らなかったらすぐに寝てしまうというのは、

気分変調症の傾向があるんじゃないかと最近思い始めた。

気分の変調が生活リズムに影響する

気分の波が人より激しく、やる気が出たり失せたりを短い期間で繰り返したりする。

その波がそのまま睡眠時間や生活リズムに影響するので、

根本から正さないと、まともな生活リズムを継続するのは難しいように思う。

さいごに 規則正しい生活リズムはつまらない?

だが、本当に夜22~0時の間に寝て、朝6~8時に起きるという生活を、

ほとんど乱れずに何年も続けると考えると、

なんかつまらないんじゃないか、と思ってしまう部分がある。

そう考える時点でだいぶおかしいのかもしれない。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

忙しい人を支える賢者の生活リズム

対人関係療法でなおす 気分変調性障害

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加