世間との温度差

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうやってブログに日々の思いを書き綴る毎日だが、今更ながら、考え方に、世間との温度差を感じる。

「世間」とは何か (講談社現代新書)

理解さえもされない

このブログの雑記カテゴリに書いた記事のほとんどは、ルサンチマン的で、憎悪や破滅願望にまみれたものだ。

この考え方が一般的だとは思わないが、間違いなく共感する人間はいると思って書いている。

だが実際は、共感どころか、理解さえ示さない人間のほうが多いんだと言うことを、たまに忘れそうになる。

一人でやるしかない

ただ、共感を求め、仲間を探して徒党を組んだりすると絶対にろくなことにならないので、あくまで俺は一人でやるしかない。

それは今まで仲良かった人とモメて痛いほどわかった。

さいごに

まぁ俺が書きたくて書いてるだけなので共感やらは二の次です。

書きたくなる限りは書くと思います。

「世間」とは何か (講談社現代新書)

認められたい欲望と過剰な自分語り―そして居合わせた他者・過去とともにある私へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加