他人に説教や説得をするのは無駄。重要でない人間、重要でない行動は全て無視。相手にしない。

知識がない・視野が狭い人間は、知識外の物事を認識する事さえできない。
こちらが何百の言葉を並び立てようとも、相手は全く認識できない。
そんな低レベルな相手に説得を試みたりして、知識豊富な人間が時間を割くべきではない。

【バーゲン本】説教名人 [ 齋藤 孝 ]

ツイートにもあるが、他人に対して悩んだり気を乱すのは「その人間か重要か」「その行動が重要か」による。
他人や、他人の行動が気になって悩んだり、説教したくなったりした場合は、本当にその人間や行動が自分にとって重要かどうかをまず考えたほうがいい。

「知識の少ないカス」の「どうでもいい行動」に悩んだり、無駄な説教をして消耗したら損だ。
そんなことをする暇があったら、自分のやりたいことをやるべきだ。

グラッサー博士の選択理論 幸せな人間関係を築くために [ ウィリアム・グラッサー ]

髭林おなもみ @onamomi22
他人を否定して説得して変えようとしそうな自分が居たら即座に認識を改めて別のことに取り掛かる。ラーキルアさんの言うところの受け流す人間とか、俺の言うところの飄々クソボウズだと思われたら嫌なのだけれど、とりあえず他人を変えようとしない事が一番自分のためになる

嫌いな人と付き合わなければならないすべての人のための人間関係ガイドブック【電子書籍】[ 辛島光 ]

他人を全肯定し応援する。一切否定しない。説教・説得などもってのほか。
ただしこれは一対一での「双方向でのコミュニケーション」での話。 SNSなどで独白したりブログを書いたりの「一方通行のコミュニケーション」で...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加