小6の時の担任の先生に謝罪と近況報告の電話をしました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20年以上住んだ地元を離れるということで、小6の時に多大な迷惑をかけてしまった担任の教師に謝罪の電話をしました。

母校の小学校に電話をしても在籍しておらず、転任先をきいても個人情報で教えられないとのことだったので、名前で検索して現在働いている学校を調べた。
授業中だったのでかけなおしてもらい、当日中に話ができた。

話の内容

まさか髭林君から10年ぶりに電話があるとは信じられないと言っていた。
当時俺はあまりにもひどい仕打ちをしてしまったので、先生はまだ根に持っているような感じもあったが、電話してくれたのが嬉しかったとのこと。

小6で暴れたあと中学を不登校になったこと、高校を2回やめたりフリーターをしていたが、とりあえずちゃんと仕事が手についたことなど、近況報告もした。
15分ほど話したと思う。

小6の修学旅行の風呂で背中を流してくれたこと、16歳くらいの時、母校の小学校の盆踊りで目があったけど話しかけられず謝れなかったことなど、お互いが印象に残っている記憶は共通のものが多かった。

最後はお互い頑張りましょう、ありがとうございましたと言って切った。

謝りたいという気持ちは10代半ばの時点であったが、なかなかタイミングがつかめず10年以上経ってしまったが、今回謝れてよかった。
とりあえず心残り無く地元を離れられる。

学級崩壊予防・回復マニュアル 全体計画から1時間の進め方まで (育てるカウンセリング実践シリーズ) [ 河村茂雄 ]

もう一人謝りたい人がいる

しかし、実はまだブログにも書いていない事件があって、その当事者にも謝りたいのだが同級生にきいても連絡先がわからない。
もう9月も終わりでそろそろ引っ越しなので連絡は無理そうだ。

どちらにしても、その人にもいずれ謝りたいと思っている。

まぁそんな感じです。
こんなところでどうでしょうか。

ツイート

【新品】【本】マンガでわかる学級崩壊予防の極意 子どもたちが自ら学ぶ学級づくり 土作彰/著 明野みる/マンガ

まさかの学級崩壊!?「ヤバいクラス」立て直し術![本/雑誌] / 中嶋郁雄/著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加