小6の思い出 教師への反抗や学級崩壊など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nyugaku_syougakusei.png

内気で授業中に手も挙げたことなかった俺が、小6の始業式前、夕方にマクドでクラスの中心人物的なリア充2人と、普段は接点もないのにたまたま会って意気投合し、メルアドを交換して仲良くなった。

そして小6のクラス分けでそいつらと同じクラスになり、3人とも、担任教師への不満を募らせ、次第に反抗が始まり、暴れ捲くって、父兄から目をつけられるようになった。

学級崩壊予防・回復マニュアル―全体計画から1時間の進め方まで (育てるカウンセリング実践シリーズ)

人が変わったようにオープンな性格になった

それから俺は人が変わったようにオープンな性格になり、授業中も教師と喧嘩したり大声で話したりしていた。

楽しい日々だった

放課後は毎日、リア充2人と暴力野郎が俺の家に遊びに来て、必ず最寄のセブンイレブンでカップ麺やアイスやスナック菓子を買って、夕方まで雑談したりして本当に楽しい日々だった。

2学期が一番荒れていた

詳しい内容は割愛するが、2学期あたりが一番ひどく、別の学年を受け持っている教師も総動員で6年の教室にやってきたりしていた。

父兄の間で噂が広まった

俺が反抗のリーダーだとか、学級崩壊の原因だとか父兄の間で噂され、髭林くんとは遊びなさんなと裏で言われていた。

3学期になると暴れているのは俺だけになった

だが3学期になると、みんな中学への進学を控えているので次第に沈静化し、暴れているのは俺だけになり、完全に浮いていた。

中学では不登校に

そして中学にあがると、他の小学校の連中と馴染めなかったり、小6でやってたことの情報が中学の教師にも知らされ、風当たりが強くなり、不登校になり、人生ドロップアウト。

人生一番のリア充期だった

あれからもう10年経つ。

反省はしてるが、未だにあの頃は楽しかったと思う。

人生で一番のリア充期だった。

教師に反抗したりせず、もっと普通にリア充やってればもっとよかったけど。

さいごに あの頃のエピソードは語りつくせない

リア充2人のうち1人のランドセルが壊れ、好きなカバンでの登校が許された時は、俺や暴力野郎も、無理やりランドセルを壊して好きなカバンで登校したり、図書室で説教を食らっているヤーイヤイを助るために教師と取っ組み合いの喧嘩したり、あの頃のエピソードを話すときりがない。

あの頃よく遊んでいた奴らの中で、俺だけが今、こんなざまであるっ´・ω・)っ

学級崩壊予防・回復マニュアル―全体計画から1時間の進め方まで (育てるカウンセリング実践シリーズ)

その指導、学級崩壊の原因です! 「かくれたカリキュラム」発見・改善ガイド

小6の思い出 リア充期
俺の人生最大のリア充期は間違いなく小6だった。 インスタント リア充 人生に「いいね! 」をつける21の方法インスタント リ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加