第一精工 吸い込みバケツ フタツキ 小、ナカジマ アミエビスコップ Sを買いました レビュー、感想、使用感など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の10月下旬に釣りをはじめ、初心者はまずサビキだと思い、

ネットで調べ、便利だと言われている『吸い込みバケツ』と『アミエビスコップ』を買ってみたのだが、

結果としては失敗でした。

 

第一精工 吸イ込ミバケツ小フタ付

 

吸い込みバケツは必要なし

吸い込みバケツは、女性や子供が手を汚さなくて便利、立ったままアミエビを詰められて便利、と言うが、

大きくて荷物がかさばるし、手が汚れれば水汲みバケツに溜めた海水で手を拭けばいいだけだと思う。

海水を混ぜる必要があるせいで、アミエビがなくなってくると、

バケツの底にアミエビ汁が溜まって最後まで使えないのも勿体無い。

なにより、思いのほかアミエビがうまくカゴに吸い込まれなくてストレスも溜まる。

スコップも必要なし、手で詰めるほうが確実

スコップのほうも、コマセカゴの糸が邪魔になったりしてうまく入らないし、

どうせ座ってやるなら手で詰めるほうが圧倒的にやりやすい。

細かいことだが、スライド部分のアルミで手が切れそうで怖い。

 

手返しが悪くなる

俺が行っていた釣り場では、秋(10月上旬~11月下旬)の夕マズメ(夕方5時~6時)の間に、

マアジの回遊があった。

サビキでそのアジを釣ろうと思うと、夕マズメの30分~45分の間に、とにかく手返しよく釣ることが求められるのだが、

これらの道具では、時間がかかって仕方がない。

コマセの詰め具合

コマセカゴにアミエビを詰めるのは、手でやるのが一番早い。

渋くなってきてアミエビを節約しようと思ったときはぎゅうぎゅうに詰めて出にくくする必要があるし、

入れ食いのときは出やすくする必要があると思うが、

こういった道具ではそういった細かい調整もできない。

 

荷物がかさばる

サビキはただでさえ水汲みバケツやアミエビのブロックなどで荷物が増えるので、

こういった大して便利でもない道具を持って行って荷物がかさばるのはよくないと思う。

俺も最初はもしもの時のことばかり考えて荷物が増えていたが、

今はいかに少なく身軽にするかを考えている。

高評価が多いが、俺には不要だった

AmazonのレビューやYoutubeを見ると、この二つの道具はそこそこ好評だが、

俺は本当に買って損したと思っている。

 

さいごに クイックハリハズシについて

他にも、手返しをよくするためにDAIWAの『クイックハリハズシ』という、

1000円もする道具を買ったのだが、それもまったく使い物にならなかった。

それに関してはまた別の記事で書きます。

 

追記

下記の画像では、この二つの道具を使ってアジパワーを混ぜていますが、

そういったときにはそこそこ役に立つ気がします。

でも、そもそもアジパワー自体そこまで効果があるのかわからないので、

300円のアジパワーを買うなら、200円のアミエビのブロックをもう一個買ったほうがいいと思う。

集魚力はおいといて、とにかくかさ増ししたいなら、いらない米ぬかやパン粉を使うという手もある。

 

この吸い込みバケツの大きさは小ですが、アミエビのブロック(レンガ 1kg)を使って、

ちょうどいいくらいの大きさのようです。

 

画像

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/151104192019_01.jpg

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/151104192019_02.jpg

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/151104192019_03.jpg

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/151104192019_04.jpg

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/151104192019_05.jpg

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/151104192019_06.jpg

 

第一精工 吸イ込ミバケツ小フタ付

ナカジマ アミエビスコップ M

 

釣りの近況
格安スマホを契約し、ライフジャケットも届き、 サビキ用にSHIMANOの1.5号4.5mの竿とアリビオというリールも買い、 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加