面接などの社会的な場に耐えられない その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事の続き。

話が脱線しすぎて書くの忘れてたけど、面接はもちろん耐えられないし、当然、受かったあとの研修やらにも耐えられない。

社会不安障害のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

今までやってきたバイト

一人暮らし時代にやっていた某牛丼チェーン店のバイトも、クソすぎて1日でやめてるし、その後の清掃のバイトも1日でやめた。

老人ホームの厨房のバイトは半年続いた。

今のバイトは2年続いている。

責任に耐えられない

特に”責任”のようなものを感じるような状況に耐えられないので、バイトのリーダー的なものにはなれそうに無い。

職場で正社員の待遇とか見てると、こっちがしんどくなるくらいだ。

さいごに 責任のないゆるい仕事をやりたい

そういう”耐えられない場”に置かれると、俺はもう不登校の中学時代のように、すぐにそこから逃げ出し、家に帰り毛布に包まって、すべての電話などを無視し、泥のように眠りたいという欲求に駆られる。

責任の無い、ゆるい仕事でまったりやりたい。

社会不安障害のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

対人関係療法でなおす 社交不安障害

前の記事

面接などの社会的な場に耐えられない
去年の6月ごろに、バイトを掛け持ちしようと思い、3つくらいのバイトの面接に行ったのだが、ホントに疲れた。 コールセンターの面接...

某プレミアムな牛丼チェーン店でバイトした思い出
2回目の高校(定時制)1年目の夏、初めてのバイトととして、"某プレミアムな牛丼チェーン店"で働いたのだが、本当にひどかった。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加