面接などの社会的な場に耐えられない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の6月ごろに、バイトを掛け持ちしようと思い、3つくらいのバイトの面接に行ったのだが、ホントに疲れた。

コールセンターの面接では、下記の絵のキャプションのようなことがあったし、某家電量販店は落とされるし、ゲーセンはなんかは合否が決まる前に嫌になって断りの電話を入れた。

俺はもうとにかく、面接とかいう社会的な場面に耐えられない。

社会不安障害のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

面接のあらゆる要素に耐えられない

丁寧な対応の面接官だろうが、隠れた威圧感や空気に耐えられないし、志望動機やら自己PRやら、くだらん嘘ばかり吐かされるのも耐えられない。

集団面接だった場合なんか、ニコニコと作り笑顔をして、嘘を上手について立ち回る、周りの連中にも耐えられない。

企業理念やら宗教臭いこと聞かされるのにも吐き気がする。

バイトでこれなら正社員の面接とかどうなるんだ。

改善する気はない

結局は、すべて俺の劣等感とルサンチマンによるものだとはわかってるが、もはや改善する気もない。

上手く立ち回れない自分自身への怒りが他者にむけられてる部分もあるとは思う。

あと、精神がガキすぎるのと中二病すぎるのも問題なんだろう。

専門学校や大学に行くつもりもない

俺は高校を二回中退している。

高卒認定は持っているものの、専門なり大学なりに行く気はさらさら無い。

2~4年間も週5日間、朝から電車に乗って学校という場所に行き、スマホいじりまくってる若者に囲まれ、時間を拘束され、授業を受けるなんて地獄でしかない。

しかも金はかかるし、結局は企業へ就職するための前段階でしかない。

社会不安障害だと診断された

俺は中学にほとんど行ってなくて、その時に精神科に少し行ってみたとき”社会不安障害”だと診断されたが、薬なんかは飲まなかった。

そもそもこの考え方が社会不安障害だろうが関係ない。

これが仮に障害だったとして、薬飲んだり自己啓発して無理やり治して、無理やり学校に行き、無理やり企業に就職し、無理やり人並みの生活を送るくらいなら、死んだほうがましである。

ドロップアウトしてから10年

小6(12歳)で大暴れして中1で学校に行かなくなったので、今年22歳になる俺はある意味、ドロップアウトしてから早くも10年経つことになる。

もうとっくに人並みの生活や幸せなど求めていないし、親もこの状態に慣れすぎて、家族麻雀など打っている始末だ。

甘やかされて育ったのが原因だろうが、生まれ持ったものだろうが、今となってはどうでもいい。

さいごに 俺に合う仕事

死んだほうがましとは言っても、今のところ自殺する気は全くなく、通院もしていなければ服用している薬も無く、快食 • 快眠• 快便で、アスペルガーやADHDなどの発達障害診断をやってもほとんど当てはまらない。

今やってるバイトなんかは最高だし、なにか俺に合う仕事さえあれば、そこで力を発揮できるはずだとは思う。

そう信じて、今はやれることをやるしかない。

社会不安障害のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

対人関係療法でなおす 社交不安障害

次の記事

面接などの社会的な場に耐えられない その2
前の記事の続き。 話が脱線しすぎて書くの忘れてたけど、面接はもちろん耐えられないし、当然、受かったあとの研修やらにも耐えられな...

今やっているバイトについて
一昨年の11月ごろに、今のバイトを始めた。 時給1000円で、仕事内容は俺にぴったりで、忙しさもちょうどいい。 なにより、良い人ばか...

“(コールセンターの)面接官の女” | 髭林おなもみ [pixiv]
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=44655123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加