匠 鉄製(マグマプレート)炒め鍋 24cm 日本製 MGIT24を買いました。レビュー(評価)、感想、使用感など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺の家にはテフロンのフライパンしかなく、高温で一気に調理したい俺にはテフロンは合わないので、今回この鉄製(マグマプレート)の炒め鍋を購入した。

MGIT24 匠 鉄製(マグマプレート)炒め鍋24cm

セラミック製と迷った

テフロンは高温非推奨で、しかも高温で調理すると有害物質が出るらしく、テフロンに比べて安全で、高温にもある程度対応しているという、セラミック製のフライパンを買おうかと迷ったのだが、京セラのある程度高いものでも、買った当初からくっつくと、Amazonレビューに書かれてあったのでやめておいた。

【送料無料、沖縄1000円】ガス火用アルミテフロン加工フライパン26cmウィニープロHG テフロンプラチナプラス丈夫、長持ち、シンプル、内面フッ素樹脂加工

ずっと使い続けたい

テフロンにしてもセラミックにしても、使っていくごとに加工が剥げ、買い換えないといけない消耗品であることは共通だ。
俺はそういう使い方は好きじゃなく、一つの道具を長く使い込んでいきたい。

鉄製はちゃんと手入れすればずっと使え、それどころか、使うごとに油馴染みが良くなり、くっつきにくくなるというので、今回初めて購入した。

柳宗理 (IH対応) セラミック コーティング アルミ フライパン 22cm ふた付き 【 ターナー プレゼント 母の日 調理器具 キッチン用品 魚 玉子焼き デザイン ブランド シンプル おしゃれ Sori Yanagi 送料無料 】

使いやすくて良い商品

早速、油ならしをして、油返しをして、ヤキメシと目玉焼きを作ったが、すごく使いやすかった。

鉄製は最初のうちはくっつくらしいが、これはマグマプレートのおかげか、ほとんどくっつくことはなかった。
(下記の画像にあるが、目玉焼きは中火で焼いたのでくっついてしまった。)

強にすると火力が強すぎる

昔、テフロンのフライパンで高温調理をしていたときは、IHの火力を強にしても少し物足りないくらいだった。
しかしこの鉄製の炒め鍋は、強で調理するとものすごく火力が強い。

強でヤキメシを炒めるとなると、おたまを動かしながら鍋を返しまくらないとすぐに焦げるようだ。
一回目に作ったときは少し焦げて、全体が黒ずんでしまった。
しかしくっつくことはなかった。

目玉焼きは弱火、ヤキメシは中~強火がいいようだ。

匠 TAKUMIJAPAN 鉄 炒め鍋24cm MGIT24 IH対応

手入れは楽

使う前に油返しをするのは少しめんどくさいが、使ったあとはすぐに水とスポンジで汚れを落として、水を拭き取り、油引きで油をなじませるだけなので、むしろテフロンやセラミックより楽な気がした。

追記:
場合によっては水とスポンジで汚れを落とす必要すらありません。ティッシュで拭き取るだけ。
焦げが慢性化してきた場合は鉄製のヘラとかでとれます。

さいごに

鉄製を使うのは初めてだったが、うまく使えてよかった。
マグマプレートだからか、使い始めでもくっつくことがほとんどないようなので、鉄製を使うのが初めての人にもおすすめできる商品だと思う。

下記のパール金属の炒め鍋とも迷ったのだが、ひっつくというレビューがあったのでやめておいた。
他の良さそうな炒め鍋でも、くちばしが左にしかないものなどはやめておいた。

今回購入した炒め鍋は両側にくちばしがあるので、キッチンの構造や利き手に左右されないので良い。

パール金属 驚きの軽さ ブルーダイヤモンドコートいため鍋 28cm HB-2019 炒め鍋 中華鍋 ガス火専用

画像

油ならしと油返し

目玉焼き

中火だと少し焦げ付いた。
目玉焼きは弱火でじっくりやったほうが良いようだ。
使い込んで油馴染みが良くなっていけば、中火でもいけるだろうか。

目玉に火を入れるために蓋もしてみたが、フライパンではなく炒め鍋なので底が深く、蓋の熱が目玉に伝わらなかった。

後処理は水とスポンジで汚れを取って水を拭き、油引きで油を塗るだけ。

ヤキメシ

最初に具材と卵とご飯を混ぜる。
熱したフライパンで高温で一気に炒め上げる。
完成。

動画

目玉焼き

玉子焼き

ツイート

【送料無料】鉄なべ流こぼれにくい炒め鍋26cm(キャンセル・返品・交換不可品)★税抜5000円以上で送料無料★激安祭【smtb-s】

デュアルプラス オーブントースター用 目玉焼きプレート FW-MPを買いました。レビュー(評価)、感想、使用感など。
俺は色々と試して考えた結果、朝食は、目玉焼き、スライスチーズ、茶漬け、の3品だけを食べるようにしている。 (なぜこの3つになっ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加