Thumbnail_Createというプラグインを使って自動ですべての記事に高品質なアイキャッチ画像を設定しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2014年から運営していて、現在の記事数は900件事半ばという多さだ。

しかし無料レンタルWordPress時代に、めんどくさいという理由で記事にアイキャッチ画像を競ってしていなかったので、関連記事やおすすめ記事に表示された記事のアイキャッチが「NO IMAGE」になっていて味気ない。

一つ一つ設定していくとまた何ヶ月もかかってめんどくさいので調べていたら、Thumbnail Createという便利なプラグインを見つけた。

Thumbnail Createというプラグイン

Thumbnail Createというプラグインは、アイキャッチ画像が設定されていない記事すべてに、Pixabayというフリー画像サイトからランダムで画像を取得してきて、自動で設定してくれる。

ただ、取得する画像の種類には制限がかかっているらしく、大量に設定すると画像がかぶることがあるらしい。

制限がないバージョンは有料(5,000円)らしい。

あと、負荷がかからないように一気に何百記事設定することは出来ないので、エラーが出たらプラグインのボタンを押し直さないといけないので注意。

何回かボタンを押し直して、アイキャッチ画像が設定されていなかった700件ほどの記事すべてにアイキャッチ画像を設定することが出来た。

Pixabayというフリー画像サイトの画像は本当にハイクオリティで、画質もよく、アイキャッチにちょうどいい。

アイキャッチ画像と記事の内容がちぐはぐ

ランダムなので、記事の内容とアイキャッチがちぐはぐになっているが、別に構わない。

画像とタイトルがちぐはぐだけど何か深い意味があるのか?と思われてクリックされるかもしれない。

中には偶然アイキャッチ画像と記事の内容が一致しているものもあった。

これからはアイキャッチにPixabayを使っていく

pixabay imagesというプラグインで、記事投稿画面からpixabayの画像を検索してアイキャッチに設定できて便利なので、これからはpixabayの画像をアイキャッチに使っていく。

今まで俺はアイキャッチ画像を調べるのに、Google画像検索で「◯◯ 素材 フリー」などで調べていたが、英語ではあるがpixabayのほうが見つけやすく、遥かにハイクオリティな画像が手に入る。

みなさんも使ってみてはいかがでしょうか。

ちなみにThumbnail Createは、アイキャッチ画像が設定されていない過去の記事に自動で設定してくれるだけで、新規投稿する時には使えない。

アイキャッチ画像を選ぶのがめんどくさいときもあるので、新規投稿時に自動でpixabayからアイキャッチ画像を取得してアイキャッチに設定してくれるプラグインとかもないものだろうか。

WordPressでサムネ(アイキャッチ)がない記事に画像のフリー素材サイトから画像をダウンロードしてサムネに自動で反映させるプラグインです。   ブログ記事一覧でサムネを表示させるテーマなどが多く見栄えもいい …

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加