時間が経つのが早すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、時間が経つのがあまりにも早すぎる。

毎日同じ事の繰り返しで、新しいことを全くやらないので、体感時間がかなり早い。

バイト中だけは時間が長く感じていたが、近頃はそういうこともなくなり、バイト中でもあっという間に時間が経つ。

2年くらい前はまだ、新しいことをやったりしていたのだが、最近はホントに新しいことをなにもしない。

パソコンの前にいると特に早く感じるので、布団を被って絵を書いていると少しはゆっくりと過ごせる。

むかし読んだ、中島義道氏の『「時間」を哲学する』という本に、内容はほとんど忘れたけど、なんか良いこと書いてたような。

「時間」を哲学する 過去はどこへ行ったのか (講談社現代新書)

超「時間脳」で人生を10倍にする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加