Twitterのミュートとリムーブとリムーブ返しとブロブロ解除について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで散々、Twitterのことについて記事を書いてきたが、

最近Twitterの、主に”ミュート”という機能について、

知り合いの意見などもきいて思うところがあったので書きます。

他にも、リムーブ、リムーブ返し、ブロブロ解除など、

Twitterでの、人と人を繋ぐ機能と切る機能全般について書きます。

できるポケット Twitterをスマートに使いこなす基本&活用ワザ100 [できる100ワザ ツイッター 改訂新版]

ミュートという機能について

色々と書きたい事が多すぎてなにから書けばいいか迷うんだが、

今回とくに気になったのはミュートという機能だった。

記事や絵の投稿の告知をする方のアカウントはいいとして、

このブログのサイドバーのウィジェットにも貼ってある、

日常のつぶやきをするアカウントの方では、

恥ずかしながら俺はミュートという機能をかなり使っていた。

ツイートは見ないがフォローをしているように見せかける

単純に考えて、Twitterは、

“その人のツイートを見たいからフォローする”、

“見たくなくなったらフォローを解除する”、

“関わってほしくなかったらブロックする”、

この三つで成り立っているはずだ。

しかしミュートという機能は、

“ツイートは見ないが、フォローだけはしているように見せかける”、

という必要がある時によく使われる。

なのでミュートという機能は、上の3つのどれにも属さない。

なぜツイートは見たくないのにフォローだけはしているように、

見せかけなければいけないのか、思いつく理由を下記に挙げてみる。

というより、俺自身がまさにミュートをしていた人間なので、

俺の理由を説明することになる。

ミュートをする理由

ミュートをする理由 相互フォローの場合

相互フォローの場合に、ミュートする理由としてまず思いつくのは、

“その人ツイートは見たくないが、リムーブすると”リムーブし返される”んじゃないか、

ということだ。

簡単に言えば、相手のツイートがタイムラインに現れると不愉快で、

気分を害するという理由が主で、ツイートを見たくなくなるのだろうが、

リムーブという措置を取ってしまうと、相手は自分に”拒絶”されたと思う可能性が高い。

そうなると相手は”リムーブ返し”をしてくる可能性がある。

それは、

“拒絶してくる人間をなぜ一方的にフォローして、ツイートを見ないといけないんだ”

という理由や、

もしくは、

“フォロー数よりフォロワー数が多い状態を保ちたい”

という2つの理由が大半じゃないだろうか。

(1つ目の理由に関しては、

今までツイートを見ていたのに、拒絶された途端に見たくなくなるのか、

という疑問が出てくるので、詳しくはリムーブ返しの章で書きます。)

基本的には、リムーブするということは相手のツイートを見たくないということであり、

相手のツイートが不愉快で受け入れられないということなので、

どうしても”拒絶”の色が強くなる。

拒絶されて気分の良い人間は少ないので、高い確率で波風は立つ。

そういう波風が立つことを恐れたり、

リムーブされることで自分のフォロワー数も減るという懸念があったりして、

ミュートするんだろう。

ミュートをする理由 一方的にフォローしている場合

個人的には、こちらから一方的に相手をフォローしているのに、

リムーブじゃなくミュートする人はあまりいないと思うが、

やはり相手に拒絶という印象を持たれたくなかったりして、する人はするんだろう。

ミュートをする理由 形だけでも繋がっておきたい

相互フォローでも一方的なフォローでも共通して考えられるのは、

“その人と形だけでも繋がっている”というポーズを取りたいというのがあると思う。

ツイートは見たくないが、リアルで会う分には不愉快じゃないし

とりあえずSNSで繋がるにはTwitterくらいしかないし、

という場合は、繋がっているというポーズをとるために、

リムーブじゃなくミュートという措置を取る。

俺のミュート状況

上記で挙げたことはほとんど俺の自己紹介に近い。

さっき確認すると、現時点でフォローは116人、フォロワーは272人だったが、

フォローしている人間のうち25人もミュートしていた。

理由はすべて上記のようなことで、

波風が立つ、リムったらリムり返される、フォロワー数が減る、

というような、まさに自分のことしか考えていない、

自己愛の肥大化した人間の思考回路だ。

ミュートするくらいならリムれ

Twitterで「リムるくらいならフォローしてくんな」という言い回しがあるらしいが、

それについては同意できないが(詳しくは後述します)、

ここ最近思ったのは、

ミュートするくらいならリムれ、ということだ

ミュートをする理由として上記に挙げたようなものがあるのはわかるが、

なんというか、女々しいというか、陰湿というか、奇妙というか、

どうしようもなく気持ち悪いものを感じる。

ツイートを見たかったらフォローする、

ツイートを見たくなかったらリムーブする、

それだけのことなのに、なぜ複雑に考えるのか。

そういう人の落とし所として、ミュートという能が実装され、

俺も今の今まで使っていたわけだが、

考えてみると本当に自分自身が気持ち悪くなったので、

今後俺はミュートという機能は一切使わず、

見たくなかったらリムーブする、ということを徹底することにした。

ちなみに前の記事にも書いたが、

今現在俺はブロックという機能は一切使っていない。

すべてのミュートを解除してタイムラインの様子を見てみる

とりあえず、ミュートしていた人間をすべてリムるわけにもいかないので、

すべてのミュートを解除して、タイムラインの様子を見てみようと思う。

それでもし、ミュートしていた人のツイートがやはり、

「あ、いやだな」「あ、気持ち悪いな」

と思うようなものなら、さっさとリムーブしてしまえばいいだけの話だ。

それでリムーブ返しされようが、ブロックされようが、

はっきり言ってこちらには関係がない。

フォロワー数は減るだろうが、そもそもフォロワー数なんてものは、

多くの人が自分のツイートを見たいと思っているなら勝手に増えるだろうし、

嫌だなと思って見たくない人が多いなら少ないままだろう。

それだけのことなので、深く考える必要がない。

ミュートについてのまとめ

まとめると、最初の方に言ったように、

俺から見て、ミュートという機能はどうしようもなく気持ち悪い。

繋がっているという世間体や、フォロー数がどう、フォロワー数がどうという、

“見てくれ”ばかり気にして、

この人のツイートを見たい、という純粋な欲求が阻害されてしまっている。

おそらく俺自身も多くのフォロワーにミュートされている気がするが、

今の今まで自分もフォローしている人をミュートしていたので、

大きな声で、ミュートするならリムれと言うことはできない。

その人達も俺と同じで、いずれ、ミュートという機能が気持ち悪いな、

と思い始めるかもしれないが、

今はメリットのほうが大きいので、ミュートという機能を使っているんだろう。

リムーブ返しについて

ミュートの話と関連して、上で少し触れた”リムーブ返し”について書きます。

拒絶されるとツイートを見たくなくなる?

上に、相互フォローの状態からリムーブされると、拒絶の色が強く、

“拒絶してきた人間をなぜ一方的にフォローしてツイートを見なければいけないんだ”、

という気持ちになり、”リムーブ返し”をする、と書いた。

これもよく考えるとおかしく、上にも書いたような、

“純粋にその人のツイートを見たい”という意識からは少し外れているような気がする。

それは逆に言うと、

“自分のことをフォローしてくれていたから、

フォローを返し、ツイートを見てやっていた”、

ということだとも考えられる。

「リムるくらいならフォローしてくるな」

などと言う人間はまさに、

相手にフォローされたからこちらもフォローして、ツイートを見てやっている、

という意識が強いんだろう。

それは純粋にその人のツイートだけに価値を見出しているのではなく、

“自分をフォローしてくれているから”という、ツイートとは関係ない部分の価値に、

重きを置いているということになるんじゃないだろうか。

ネットで人が繋がるのは案外そういう理由が大半だったりするので、

リムーブ返しという行動を取る人があまりに多いのも納得はできる。

自分をフォローしてこない人間はフォローしない

恥ずかしながら、現に俺がそれの究極系だ。

俺は、

“自分をフォローしてこない人間はフォローしない”

ということを徹底している。

散々書いたように、

“なんで俺をフォローせん奴のツイートを一方的に見なあかんねん”

という気持ちから、そうしている。

まさに自己愛の肥大化だと思う。

結局俺も、純粋にその人のツイートを見たいというより、

フォローしてくれているからとりあえず見ている、という部分が大きいというわけだ。

どうしても純粋にツイートを見たい人間は、たいてい有名人で、

フォローが返ってくることは少ないので、

そういう場合はリストに入れて見ている。

書いていて自分で自分が恥ずかしく気持ち悪いが、

どうしてもそれだけはやめられそうにない。

リムーブ返しをする早さで人格がわかる

そしてこれも自己紹介になるが、

リムーブ返しをしてくる早さで、

相手の人格や、自己愛の肥大化っぷりがわかるのは面白い。

普段はのほほんとしたツイートをして人格を装っている人間でも、

リムるとすごい早さでリムーブ返しをしてくる場合、

上記のような肥大化した自己愛の持ち主である可能性が高く、

そういう部分が浮かび上がってしまう。

リムーブ返しについてのまとめ

まとめると、多くの人は、

純粋にその人のツイートに価値を感じてフォローしているわけではなく、

“自分をフォローしてくれているから”

という理由でフォローしたりツイートを見ている、

ということなんじゃないだろうか。

そして、ツイートに価値を感じるどころか、不愉快になってきた場合に、

リムーブという措置を取らず、

最初にも書いたミュートという機能を使って、

波風を経たせず関係を継続させる、

という奇妙な行動を取る人間もいるということだろう。

ちなみに俺は、リムられたら光の速さでリムーブ返しをします。

どうしてもそれだけはやめられません。

ブロブロ解除について

何度も書いたように、

相互フォローの人間をリムーブすると、相手は拒絶されたと感じる。

そして、リムーブしただけでは相手は自分のことをフォローしたままだ。

すると、何度も書いたように、

なんで拒絶してきた奴を一方的にフォローせなあかんねん、

という気持ちを抱かせることになる。

それを懸念した人間が行うのが、

リムーブではなく、ブロブロ解除という措置だと思う。

相手のリムーブ返しを代行する

ブロブロ解除とは単純に、

相互フォローの相手に対して、一旦ブロックし、ブロックを解除することで、

自分から相手へのフォローが外れ、相手から自分へのフォローも外れ、

フォローをしてもされてもいない、最初の状態に戻す措置のことだ。

つまり、相手が自分をリムーブ返しするのを代行しているとも言える。

リムっておいて、フォローされたままというのは申し訳ない、という気持ちだろうか。

その気持ちを抱く人は逆に、自分がリムーブされた時に、

リムっておいて、なんでこっちはフォローしたままにしないといけないんだよ、

と思う人だと思うので、気遣いでも何でもないことには注意したい。

他にブロブロ解除をする理由といえば、

ツイートを見たくないし、自分のツイートも見てほしくない、

でもブロックだと攻撃的すぎる、とかだろうか。

さらに、自分はあなたのツイートを見たくないし、

それなのにフォローされたままというのは申し訳ないのでブロブロ解除したけど、

それでもなお、もう一度フォローしてくるならご自由に、というのもあると思う。

ブロブロ解除じゃなくリムーブでいい

個人的には、ブロブロ解除などはせずそのままリムーブすればいいと思う。

見たくないからこちらは勝手にリムーブするだけであって、

それを拒絶されただなんだと感じるのも相手の勝手で、

リムーブ返しをしてくるかどうかも相手の勝手なので、

変に気を使わず普通にリムーブでいいはずだ。

ブロブロ解除のまとめ

ブロブロ解除はミュートのように公式で実装された機能ではなく、

もともとある機能を逆手に取ったものだが、これに関しては何とも言えない。

上記のように、ブロブロ解除する理由はいくつかあって、

どういう理由か判別がつかない場合も多いと思う。

そう考えるともはや、どういう理由かわからなくさせることで、

悪い感情よりも、不思議さを抱かせて波風を立たせないことが目的かもしれない。

そういう意味でもややこしいので、

やはりブロブロ解除などはせず普通にリムーブでいいだろう。

そもそもTwitterに執着しすぎている

ここまで、Twitterのいくつかの機能と、

その機能を使う理由、その機能を使う人間の意図、

を考えてきたが、

考えれば考えるほど、そもそもTwitterというSNSに執着しすぎていると感じる。

おそらくそれほどTwitterというSNSに重きをおいていない人間は、

フォローしたいから好きな有名人全部フォローした、知り合いもフォローした、

見たくなくなったからリムーブした、絡まれたからブロックした、

くらいの感覚だろう。

そしてフォロー数>フォロワー数になることもざらだろうし、

リムーブされたことなどにも気づかなかったりするんじゃないだろうか。

そういう人はそもそもタイムラインもあまり見ていないと思う。

しかし徐々にTwitterに入れ込み、Twitterの人間関係に執着するうちに、

この記事に書いたような、波風がどうとか、リムーブ返しがどうとか、

肥大化した自己愛に基づいて、その人との関係、その人への感情に合わせて、

さまざまな細かい機能を使い分けていくようになる。

そうなり始めたら、早いうちに、

今自分はTwitterに執着し初めて危険な状態だ、

ということに気づくべきだろう。

俺はもう取り返しのつかないところまで来ているので、

今回ミュート機能を見直したように、

探り探り、自分と他人がある程度納得できる使い方を模索していきます。

さいごに

そんな感じで、久々にTwitterについて考え、

ミュート機能を使うのをやめるということで、

思っていたことを記事をしました。

上に書いたように、とりあえずすべてのミュートを解除し、

タイムラインを見てみて、

「あ、いやだな」「あ、気持ち悪いな」

と思うようなツイートをする人がいたら、ちゃんとリムーブしていきます。

それによってまた少しネット周りの人間関係が変わるかもしれないが、

それは対処していくしか無い。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

追記

下記に、今まで書いてきたTwitterに関する記事が山ほどあります。

ミュートしたれ、というような内容のものや、

この記事には書き忘れましたが、

相互フォローを謳う人をフォローしまくってあとで解除し、

自分のフォロワー数だけを増やすような行為についても書いています。

興味があったらどうぞ。

できるポケット Twitterをスマートに使いこなす基本&活用ワザ100 [できる100ワザ ツイッター 改訂新版]

人間関係にうんざりしたときに読む本

Twitterでリムーブ返しができるサービス
ちかごろ増え捲くっている、Twitterのスパムアカウントやら"相互フォロー支援アカウント"。 別にそいつらと相互フォローにな...
Twitterでフォローしていたスパムアカウントをすべてリムーブしました
俺が管理しているBotなどのTwitterアカウントは合計で20個近くあり、 その中のいくつかは、フォローとフォロワーが1000を超え...
Twitterでフォロワー2000人超えでも実際にツイートを見てるのは20人前後
皆さんはもうTwitterのアナリティクスという機能を使いましたか。 いつ導入されたかはしらんが、自分のツイートで反応が大きかったものを見...
Twitterのタイムラインは鬱陶しい その1
2009年後半からTwitterを初めて、2014年の半ばにやめた。 合計10万ツイートを超えるくらい利用してきたが、俺には向いてなか...
Twitterで俺をフォローしてるくせに記事さえも見に来ないクソ
俺のTwitterを見てもらえればわかるが、けっこうな数のフォロワーがいる。 ただ9割は業者や相互フォロー支援アカウントなんで...
Twitterでフォローを返したらあとでリムってきて、自分のフォロワー数だけを増やそうとする、歌い手や絵描きのゴミ野郎
Twitterでフォローしてきたから返してやると、 即座にリムってきて、自分のフォロワー数だけを増やそうとする、最低最悪のゴミがいる。 ...
Twitterなどで鍵アカウントにしてる奴は”ネット隠居”者
昔の俺もそうでした。 そういう奴は"ネット隠居"者。 安確。 20代で隠居 週休5日の快適生活 隠居志願...
Twitterにて露悪的なことを一切呟かない名義でツイートするといいねが付く
何もしていないのにブロックされたりアカウントを削除される
直接揉めたりしたならまだしも、 俺のことを知った、俺に知られた、というだけで、 俺のことを先制ブロックしてきたり、 ...
キモイボタン
最近、TwitterやLINEのタイムラインを見ていて、 「あ、いやだな」 「あ、気持ち悪いな」 と思った投稿全部...
LINE等の”ひとこと欄”を頻繁に書き換えたり英語で書いたりしている奴
今までの経験から、そういう人間は信用できない。 頻繁に書き換えるのは、気分の浮き沈み、心変わりの激しさを表している。 英語で書く...
インターネットが見たくもない情報だらけになった
このブログを開設したころから散々、 ネットが変わった、つまらなくなった、気持ち悪くなった、悪い意味でリアルとの境目がなくなった、 人生行...
人と揉め事が起こる前の不穏な空気
俺は今までネットで幾度となく人とモメてきた。 常々思うのは、人と人がモメる前にはだいたい何かしらの"前兆"があるということである。 ...
周りの人間に影響されて冷静さを失う
近頃、昔のようにTwitterで暴言を吐くことがなくなった。 呟くことと言ったら、当たり障りのない日常生活のことだけ。 昔は、暴言を吐か...
ネットが気持ち悪くなった
前の記事にも散々書いたが、ここ数年でネットはかなり変わった。 主に悪い方向に。 SNSって面白いの? 何が便利で、何が怖いのか (ブ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加