Twitterのタイムラインは鬱陶しい その1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年後半からTwitterを初めて、2014年の半ばにやめた。

合計10万ツイートを超えるくらい利用してきたが、俺には向いてなかった。

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

不愉快なツイートが目に入る

あのタイムラインという機能に耐えられない。

鍵垢にしたり公開垢にしたりを繰り返し、絶えず暴言を呟きまくってきた俺が言うのはおかしいんだが、不愉快なツイートをする奴がタイムラインにいるだけで、気分が悪い。

趣味でやってるのに不愉快な思いをするのは絶対損だ。

リムーブやブロックをすると揉め事が起こる

でもリムーブやブロックをすると揉め事が起こる可能性がありめんどくさい。

だからすぐにミュートしている。

それによってガイキチくんとはモメたわけだが。

ホントに有益な情報とか、不愉快じゃないつぶやきだけ見ていたい。

精神衛生を保ちたいんです。

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

仕事・人間関係 「もう、限界! 」と思ったとき読む本

次の記事

Twitterのタイムラインは鬱陶しい その2
前の記事の続き。 Twitterに限らず、mixiやらFacebookやら、SNSは大概、フォローした人間の更新情報を表示する...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加