境界性人格障害の男に意味不明な理由でキレられた暴力事件 さいごに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事の続き。

その後、暴力事件は知り合いの間に広まった。

“劇団員の男”、”ヤーイヤイ”、”慇懃無礼八方美人天パ”も、三人で集まった時に、事件について話していたらしい。

そいつらは、「結局、相性が悪いんやなあ」

という結論になったらしく、呆れた。

人格障害者相手に相性もクソもないと思う。

暴力事件だけじゃなく、周りの連中の呑気さにも憤慨した俺は、LINEのホームで暴言の限りを吐きつくし、退会し、小学校の同級生全員と縁を切った。

直接言えずにLINEのホームで暴言を吐くという、自分の安確さが情けなかった。

境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書)

(086)絆の病: 境界性パーソナリティ障害の克服 (ポプラ新書)

前の記事

境界性人格障害の男に意味不明な理由でキレられた暴力事件 つづき
前の記事の続き。 何の役にも立たないメガ安 暴力野郎と俺が話し合っている間、メガ安はビビり捲くり何も言葉を発さずにい...

最初の記事

境界性人格障害の男に意味不明な理由でキレられた暴力事件
2年前(2012年)の秋、リアルの知り合いの"メガネ安確"と、"アスペの男"と、"暴力野郎"と俺の四人で、一人暮らしをはじめたばかりの暴...

友達を引き連れて放浪し世迷言を垂れる暴力野郎
中3の頃、リアルの知り合いの"暴力野郎"は、俺や"メガネ安確"や"ヤーイヤイ"を遊びに誘ってくることが多かった。 集合し、暴力野郎に、...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加