友達を引き連れて放浪し世迷言を垂れる暴力野郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中3の頃、リアルの知り合いの”暴力野郎”は、俺や”メガネ安確”や”ヤーイヤイ”を遊びに誘ってくることが多かった。

集合し、暴力野郎に、何をして遊ぶのかときくと、「とりあえず東に向かって歩くか」

と言い出し、あてもなく国道沿いを歩き始める。

歩きながら、俺や周りの連中にひたすら世迷言を垂れてくる。

次第にみんなはその行動を、皮肉を込めて”放浪”と呼ぶようになった。

最後にはみんな時間がもったいないと思い始め、誰も誘いに乗らなくなった。

理解者、共感者を必死に探し、人を振り回す、境界性人格障害の輩には本当に迷惑する。

ルサンチマンの哲学 (シリーズ 道徳の系譜)

境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書)

境界性人格障害の男に意味不明な理由でキレられた暴力事件
2年前(2012年)の秋、リアルの知り合いの"メガネ安確"と、"アスペの男"と、"暴力野郎"と俺の四人で、一人暮らしをはじめたばかりの暴...
暴力野郎と工場地帯でアコギを弾いて熱唱していた思い出
4年くらい前、あの暴力事件が起こる少し前、俺と暴力野郎は音楽で意気投合していて、夏場、夜の10時くらいに、港らへんの誰もいない工場地帯に集ま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加