定時制高校在学中に、自己愛に目覚める。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1回目に入学した私立高校を死に物狂いで退学して、定時制高校に入学し、人生が上向き始めた頃、夕方5時半から授業が始まるので、俺は自分の部屋で昼寝をしていた。

神秘体験―スピリチュアルな目覚めへの革新的なアプローチ (覚醒ブックス)

多幸感を得た

まどろみ、意識が落ちるくらいのときに、金縛りのような状態になり、とてつもなく鮮明な映像で、上下左右、四方八方真っ白で、果てが無い空間に放り出され、女神のような存在に後ろから抱きしめられ、この世の物とは思えないほどの多幸感を得た。

自分には強烈な自己愛がある

すぐに目が覚め、俺は悟った。

自分の中には強烈な自己愛があると。

未だにそれだけしかわからない。

キモすぎた。

さいごに 人生が変化する前の予兆

確かその後すぐ、いろいろあって一人暮らしを始めた。

そして、一人暮らしを初めて9ヶ月くらい経った頃、インターホンが鳴ってドアを開けてみたら、目出し帽を被った隣人にナイフで目を刺される、という悪夢を見て、金縛りに合い、それからすぐにいろいろあって実家に帰ることになった。

人生が大きく変化する前と言うのは、なにか強い予兆があるものなのかもしれない。

神秘体験―スピリチュアルな目覚めへの革新的なアプローチ (覚醒ブックス)

(085)自己愛モンスター: 「認められたい」という病 (ポプラ新書)

1回目に入学した私立高校を死に物狂いで退学した思い出
俺は中学1年の9月1日から不登校になり、それから卒業するまでの間、学校には行ったり行かなかったりの状態だった。 なので、ど...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加