上咽頭炎 後鼻漏 セルフBスポット治療のための塩化亜鉛を処方してくれる病院、個人輸入について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前の『上咽頭炎 後鼻漏 麻酔ありでBスポット治療をしてもらったが効果なし』という記事に書いたが、

結局のところ、わざわざ病院に通って順番待ちをして耳鼻科医にBスポット治療をしてもらっていては、

時間と金がいくらあっても足りない。

Bスポット治療は最低でも1日1回以上やったほうがいいらしいので、

そういう部分も含めて、自分でBスポット治療(以下、セルフBスポ)ができるようになるに越したことはない。

 

よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる

追記

やっとアストリンゴゾールを入手し、セルフBスポット治療を試すことができました。

興味がある方は読んでみてください。

上咽頭炎 後鼻漏にアストリンゴゾール(塩化亜鉛)でセルフBスポット治療
上咽頭炎 後鼻漏の完治には、リステリンやルゴールではなく、 塩化亜鉛を用いたセルフBスポット治療しかない!と考え、 去年の暮れか...

塩化亜鉛の入手方法は3つ

ちゃんとしたセルフBスポをやるには、

塩化亜鉛という劇薬指定の薬が必要になるのだが、入手方法が非常に困難だ。

俺が今までやってきたセルフBスポでは、ルゴールやリステリントータルケアゼロを使ってきたが、

これらではいくら頻繁にやっても効果が薄く、根治には程遠い。

だから、なんとしてでも塩化亜鉛を入手する必要がある。

塩化亜鉛の入手方法は、大きく分けて3つあるようだ。

 

アストリンゴゾールで代用する

1つ目は、アストリンゴゾールといううがい薬を入手する方法。

このうがい薬にはリステリントータルケアゼロとは比べ物にならないほどの割合で、

塩化亜鉛が含まれているようだ。

しかし、うがい薬なので塩化亜鉛以外にも色々入っている。

できれば純粋な塩化亜鉛だけが好ましいので、おすすめできない。

そもそも2016年10月現在、このうがい薬は販売中止になっているので手に入れるのは難しい。

なので実現不可能といえる。

 

宮城県仙台市の堀田修クリニックに行って処方してもらう

2つ目は、宮城県仙台市にある堀田修クリニックに行き、希釈された塩化亜鉛を処方してもらう方法。

(院名を書きましたが、問題があった場合はまた伏字に戻します。)

電話で問い合わせたところ、0.5%か1%に希釈した塩化亜鉛を、20~30ml400円で処方してくれるそうだ。

処方してもらうには、一回目は実際にクリニックに行き、堀田先生に実際に会って診断してもらう必要がある。

そこで血液検査、尿検査を受け、上咽頭の様子を見てもらい、

上咽頭炎だと診断されたら、塩化亜鉛による鼻からのBスポット治療を受け、

希釈された塩化亜鉛を処方してもらい、2回目以降は、郵送での処方になるらしい。

 

個人で輸入する、もしくは輸入代行を使う

3つ目は、塩化亜鉛の原液(?)を個人で輸入するか、輸入代行に頼んで輸入してもらう方法だ。

輸入せずとも、薬局で身分証明書を見せれば買うことができることもあるそうだが、

扱っていないところがほとんどだと思うし、扱っていても売れないと言われる可能性が高いと思うので、

やはり輸入という形になるだろう。

肝心の輸入の仕方だが、現時点では情報不足で俺もよくわからない。

輸入の仕方がわかり次第の記事に追記します。

 

堀田修クリニックで処方してもらうことの注意点

2つ目の、堀田修クリニックで処方してもらうことの注意点は3つ。

人によっては仙台まで行くのがかなりめんどくさいということ。

病院では血液検査と尿検査をする必要があり、結構な時間がかかるということ。

無事、先生と知り合いになり、以降は郵送で処方してもらえるようになっても、

塩化亜鉛代と送料で毎回1000~1500円はかかることになり、

1回分がどれだけ持つかは(まだ俺には)わからないということ。

処方された塩化亜鉛は冷蔵庫に保存する必要があるそうだが、

使用期限がどのくらいなのかもまだわからない。

わかり次第この記事に追記します。

 

個人輸入の注意点 その1 劇薬であること

3つ目の、輸入して手に入れることの注意点はいくつかある。

俺は薬品についてはよくわからないのだが、

1%希釈でも、上咽頭に塗布するとものすごい激痛が走る塩化亜鉛なので、

これの原液(?)というのは、とんでもなく危険な代物であることは間違いない。

自分で0.5%か1%に希釈するとしても、分量を間違えたら取り返しのつかないことになることは想像に容易い。

ビーカーやスポイトなどの器具を使い、ミリ単位の誤差も起こらないようにしないと危ないと思う。

個人輸入の注意点 その2 廃棄方法

さらに、どのくらいの分量のものをいくらで手に入れられるかもまだわからないのだが、

1%程度に希釈して使うとしたら、トータルするととんでもない量ができることになる。

大量にできれば、金銭面の心配をしなくていいから助かるが、一生かかっても使い切れないという心配がある。

そして、希釈液を作っても、余って処分することになったときに、普通に排水溝に流していいのかどうかという問題。

そこらへんもしっかりと知識と責任を持って使っていかないと、

自分の体に取り返しつかないことをしてしまう可能性や、他人に迷惑をかける可能性があると思う。

 

仙台まで行くのは大変

結論としては、俺はできれば3つ目の方法で入手したいと思っている。

堀田修クリニックで処方してもらうのが、危険性も少なく確実だが、

俺は関西に住んでいるので、仙台まで行くのは結構な金と時間がかかる。

深夜バスなら往復15000円程度のようだが、事故のリスクもあるし、

12時間も座りっぱなしはつらい。

もちろん日帰りは不可能だと思うので、現地で宿泊する必要も出てくる。

そして上にも書いたように、毎回郵送してもらうのも、トータルするとだいぶ金がかかると思う。

塩化亜鉛の鼻からの塗布は危険

余談だが、堀田先生は塩化亜鉛の点鼻や鼻からの塗布を薦めているらしいが、

前の記事にも書いたように、俺の近所の耳鼻科医二人は、

鼻からの塩化亜鉛は嗅覚障害になる事例が海外で報告されていて非常に危険だという。

堀田先生に塩化亜鉛を処方してもらったとしても、鼻から処置するかどうかは自分でよく考えなければならない。

少なくとも俺は鼻からの処置はしないつもりだ。

 

個人輸入の方法がわからない

輸入で原液(?)を手に入れるのも、上に書いたようにかなり危険な要素はあるが、

ちゃんと知識と責任を持って行えば、メリットの多い方法だと思っている。

問題は、現時点では輸入の方法がまったくわからないということだ。

Twitterで上咽頭炎と後鼻漏について情報交換をしている人が、輸入したことがあるそうなので、

輸入方法をきいてみている。

わかり次第この記事に追記し、機が熟したら輸入して、希釈して塗布してみようと思います。

その際は新しく記事を書きますのでよろしく。

 

昔の治療法記事に関して

『上咽頭炎 後鼻漏の治療法 現段階でのまとめ』という記事を見てもらえればわかるが、

俺は本当に上咽頭炎 後鼻漏を治したくて、あらゆる方法を試してきた。

それらを踏まえた、最近の結論としては、やはり塩化亜鉛によるセルフBスポット治療でしか、

上咽頭炎 後鼻漏の根治は難しいのではないかということだ。

昔の記事は情報が古いので、

「塩化亜鉛などの痛みが伴う治療法より、馬油の塗布などの緩やかな治療のほうがよさそう」

とか

「規則正しい生活をして、運動不足と栄養不足を解消し、サプリを飲み、ミスト吸引し、

ストレートネックや猫背を治して、体を総合的に見て治したほうが良い」

とか書いてるが、あまり過信しないでほしい。

後者はもちろんいいことなのだが、それだけでは根治に至らない可能性が高く、

結局のところは、塩化亜鉛によるBスポット治療しかないと思う。

考えたくないことだが、塩化亜鉛によるセルフBスポをやっても治らなかった場合は、いよいよ手詰まりとなる。

そうなったら、金を捨てるつもりで”20日分1万円”の漢方を買ってみようと思う。

 

免責事項

一応書いておきますが、この記事で紹介している入手方法などはすべて俺調べであり、

実際に堀田修クリニックに行っても塩化亜鉛を処方してもらえなかったとか、

輸入した塩化亜鉛を希釈してセルフBスポをやったら取り返しのつかないことになったとか、

そういったトラブルが起こっても責任は一切負いませんので御了承ください。

追記(2017年02月07日)

アストリンゴゾールがAmazonで販売されていました。

日本版アストリンゴゾールは販売中止なので、最近になって海外版が日本版Amazonで販売され始めたようです。

3580円と少し高いです。

アメリカ版Amazonでは14ドル(約1600円)ですが、送料や税金を考えると同じくらいでしょうか。

とりあえず、購入代行サービスを使って塩化亜鉛を入手する前に、

アストリンゴゾールでのセルフBスポット治療を試してみようと思います。

この記事を見てやってみようと思った方も、自己責任でお願いします。

ASTRING-O-SOL LIQ Size: 8 OZ

Amazon.com: astring-o-sol
https://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss_1?url=search-alias%3Daps&field-keywords=astring-o-sol&rh=i%3Aaps%2Ck%3Aastring-o-sol

【アンケートは終了しました】
【アンケートは終了しました】
 

よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる

綿球 #14 50g

【第3類医薬品】大正ルゴールピゴン 30g

薬用 LISTERINE リステリン トータルケア ゼロ 1000mL ノンアルコールタイプ [医薬部外品]

 

上咽頭炎や後鼻漏にセルフBスポット治療
相変わらず慢性上咽頭炎と、それが原因の後鼻漏を治療したくていろいろ試しています。 今回は、昔一度試して挫折したセルフBスポット治療を、...
上咽頭炎 後鼻漏にセルフBスポット治療の危険性
以前の記事に書いたように、 カーブ付きピンセットと綿球を使って、ルゴールやリステリントータルケアゼロを、 上咽頭に塗布する、セル...
上咽頭炎 後鼻漏 麻酔ありでBスポット治療をしてもらったが効果なし
最近、Twitterで上咽頭炎と後鼻漏について、同じ症状に苦しむ人と情報交換をしている。 治りにくく鬱陶しい病気なのに、理解に乏しい耳...

 

上咽頭炎 後鼻漏の治療法 現段階でのまとめ
これまで、上咽頭炎と、それが原因の後鼻漏を治すため、 病院に行ったり、自分なりに色々と治療法を探ってきました。 結論から言うと、...
上咽頭炎 後鼻漏 俺の経験と試してきた治療法
皆さん後鼻漏って知ってますか。 簡単に言うと、鼻水が鼻の穴から出ずに喉に流れて口が気持ち悪い病気です。 普通の人でも1日...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加